nullpo 貴方の好きな色は?色でわかる性欲判断!! | 独女ノココロ

貴方の好きな色は?色でわかる性欲判断!!

貴方の好きな色は何ですか?実はこの質問で、貴方の性欲傾向がわかってしまうのです。
では一体、自分はどのような性欲傾向をもっているのか、好きな色からチェックしてみてください。

赤色


赤色はエネルギッシュな色。赤色を好む人は、個性的で情熱的。また、リーダーシップを取るのも好きで他人を引っ張っていく力があります。そのため、性に関しても積極的で、自ら男性にアプローチしていくタイプです。
また、セックスでは男性をリードしたいと考える傾向にあります。どちらかというとSっ気のある女性が多いといえます。

オレンジ

オレンジは温かみのある色。この色を好む人は社交的で誰からも愛される人柄です。
しかしその心理は一人でいるのは寂しい、誰かと一緒にいたいという思いから。寂しさを紛らわせるために一晩限りの恋を経験する人も少なくありません。

青色

青色は寒色といって、冷たさを感じさせる色。冷静でクール、知的といった印象を人に与えます。それゆえにこの色を好む人は、人からそのように見られたいという願望をもちがちです。
性欲においても控えめで自分からは積極的に男性を求める方ではありません。ただし、知的好奇心はあるので本やネットで性に関する情報を集めるのは好き。耳年増タイプといえるでしょう。

黄色

黄色は明るさが際立つ色。この色を好む人は明るく社交的で天真爛漫な性格をもつ人が多いです。
おしゃべり好きで周りを楽しませたいという願望も強い事から、セックスにおいても会話を楽しみながらしたい傾向にあります。
どちらかというと、セックスそのものよりもベッドの中での睦言を楽しみたいタイプです。

紫色

紫はその昔、貴重な色だった事もあり、身分の高い人だけが身につける事を許された色でした。そのため、今でも紫には高貴さや高尚さを象徴します。そんな紫色を好む人は性を崇高なものと捉える傾向にあり、自分から肉欲を求めるような事はあまりありません。
とはいえ、紫色を構成しているのは、エネルギッシュな赤色と、クールな青色。性に対して全く積極性がないわけではなく、クールさの内に秘めた情熱を見え隠れさせるのが上手。
紫色に神秘的なイメージを持つ人も多いですが、それはこの「赤」と「青」という相反する二面性を持ち合わせているからといえるでしょう。
好きになった相手にも自分からはアプローチせず、向こうからアプローチしたくなるように仕向けるのも紫色が好きな人の特徴です。

緑色

緑は自然を象徴する色で人を癒やしたり落ち着かせる効果があります。この色を好む人は誰かを癒やしたい、あるいは自分が癒やされたいと感じている人が多いでしょう。
肉欲的な性欲はあまりなく、どちらかというと好きな人とまったりとした時間を過ごしたいと考えるタイプです。スキンシップとしてマッサージを取り入れるのもこの緑色が好きな人の特徴といえます。

ピンク

女性らしい色といえばピンク。男性でピンクが好きというとソッチ系?と思われてしまいかねないほど、ピンクは女性的なイメージが強くあります。そんなピンクが好きな人は、女性としての魅力を全面的にアピールしたいタイプ。自分のセックスアピールポイントを熟知していて、それを使って男性を誘います。
また、子供っぽく、ロマンティックな一面もあるので、好きな男性とは常に一緒にいたいとワガママになってしまう事も。適度なワガママは可愛さもありますが、度を過ぎると煩わしくなるので気をつけましょう。

茶色

茶色はアースカラーの一つでもあり、自然の安らぎを感じさせる色です。特に、土台となる土や大地をイメージさせるので、安心感、安定感といった印象をもつ人が多いでしょう。
この色を好む人は、責任感が強く、周りから信頼される立場にある事もしばしば。かといって、リーダーシップを取りたいかというとそうではないので、どちらかというと縁の下の力持ちタイプ。
恋愛的な面から見ると、好きな男性を立てて見えないところで支える、という女性が多いです。
最初は人見知りな一面もありますが、一度心を許すととことん尽くすタイプなので、セックスにおいても男性に喜んでもらえる事を一番に考えてしまう部分があります。

黒色

黒色には重厚感を与える効果があります。また、近寄りがたい印象を与えるのも黒色です。
この色を好む人は一人を好み、人と関わるのが苦手。内心好意を寄せている相手にも冷たく当たってしまったりする事もありますし、わざと遠ざけてしまうような事もあるでしょう。
とはいえ、一度受け入れた相手に対しては盲目になる傾向があります。この人のためなら何でもしたいと、ある意味、恋の奴隷になってしまう場合もありえます。

白色

白色といえば、ウェディングレスにも代表されるように、何色にも染まっていない清純さを印象づける色です。
何色も混じっていない白色を好む人は完璧主義で正義感が強い、そして人を信じやすい素直なタイプといえます。
恋愛に関しては理想が高いのでなかなかお眼鏡に適う相手が見つからないという人も多いでしょう。潔癖な一面もあるので、セックスを汚らわしいと感じてしまうと受け付けない、できればしたくないという人も少なくありません。

灰色

灰色は白と黒の中間層にあり無彩色です。白でもない、黒でもない、という事から曖昧な物事をグレーゾーンと呼んだりしますが、この灰色(グレー)を好む人もどちらかというと優柔不断でどっちつかずな傾向があります。
自分を主張する事があまりないので、恋愛においては男性に流されがち。受け身傾向でもあるので、セックスにおいてはMっぽい振る舞いをする女性も多いでしょう。

金色

金色はその名の通り「金」を表す色。ゴージャスできらびやかといった印象を与えます。この色が好きな人は華やかで自分が目立つ事が大好きです。自分が主役だと考えている人も多く、恋愛においてはちやほやされたいという願望を抱きやすいタイプ。また、高級志向でもあり、男性のステータスも重視する一面もあるでしょう。
あらゆる面で男性に奉仕をさせる事で、自分の存在価値を見いだす喜びとなります。
ただし、ただのメッキでは男性も離れていきますので、自分自身も磨いて、価値を高める努力をする事が大切です。

銀色

銀色は美しく幻想的な印象を与えます。そんな銀色を好む人は現実より理想の世界に浸りやすい傾向があります。
それゆえに、白馬の王子様を夢見ているという女性も少なくありません。現実的な恋愛よりも、理想の男性像との妄想で満足してしまえるタイプといえるでしょう。

色彩での性欲診断、いかがだったでしょうか。当たっているポイントはあったでしょうか。

もし、理想の自分と現実の自分に大きな隔たりがあると感じている人は、この色彩診断を利用して、自分を変える事も可能です。
自身が理想としているイメージの色を普段の服や小物、部屋のインテリアに取り入れてみましょう。そうする事で潜在意識が変化し、自然とその色らしい性格や振る舞いができるようになる事も。

また、意図的に任意の色をファッションなどに取り入れる事によって、他人に与えるイメージをコントロールする事もできます。
例えば、気になる男性が情熱的な女性が好きなら赤色、清楚なタイプが好きなら白色、という風に好きなタイプの女性のイメージカラーを取り入れる事で、相手の好みのタイプを演出し、好意をもってもらいやすくなるのです。

自分を変えたい、意中の男性に好意的に思ってもらいたい、と思う人は是非、この色彩診断を活用してみてくださいね!