nullpo 女性からのプロポーズはあり?無し?「逆プロポーズ必勝法」 | 独女ノココロ

女性からのプロポーズはあり?無し?「逆プロポーズ必勝法」

30すぎれば・・・

恋人関係の続きは、やっぱり結婚です。
女性も長年付き合ってきた男性と「結婚したい!」と思うのは必然だと思います。
しかし、男性も誰しもが自分から「好き!」と言えるような生き物ではありません・・・

でもじれったいのは嫌!!そんな女性は自分からプロポーズしてみては?

時には女性が主導権を握り、彼に赤面させるのも一つの手!
今回は効果的な「逆プロポーズ必勝法」を伝授いたしましょう!


速球ストレート!!!「私をお嫁さんにしてください」

素直でいじらしいプロポーズに男性はキュンとくるようです。
「結婚しよう!!」などの男性っぽい告白より「私をお嫁さんにしてください」の方が、しおらしさに加え嫁ポイントアップかも!!
少し照れながら伝えるのがポイントです!

女も守る時代!「私があなたを一生支えるから」

そばにいてくれるありがたさを思い出させるのが、このプロポーズ!!
メンタルが弱りきっている時に、ここぞとばかりに使ってやりましょう。
しかし、使いようには「はぁ?何言ってんだこいつ?」になりかねないかもしれないので、一生一緒にいたいと思うようようなタイミングで使いましょう!
仕事が忙しくなり責任も出てくる30代の男性にはグッとくるプロポーズかもしれません。

一緒にいることが幸せ「贅沢な生活なんていらない、あなたがいればいい」

生活への不安から男性が結婚をためらっている場合も多いです。
実際「今の現状、彼女を養えるだけお金がないから」と結婚をためらう男性も多いです。
なので「私も一緒に働くから」「贅沢な生活なんていらない、あなたがいればいい」など済面のメリットを訴えてみてもよさそうです。

穏やかな時間を共有している時に「ずっと一緒にいたいな」

お家デートの時、静かな時間を共有している時・・・言葉がなくても続く時間が「幸せ」と感じられるのであれば、このプロポーズもアリですね!!
あと趣味を一緒に共有したり、楽しい・幸せと思われている時、逆プロポーズをされると、幸せな毎日を想像してしまうようです。家庭に「安らぎ」を求める男性は多いので、リラックスしているときを狙うといいかもしれません。

健やかなるときも、病めるときも・・・「あなたがおじいちゃんになっても、この気持ちが変わらない自信がある」

健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、
これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、真心を尽くす・・・
どんなしわくちゃになっても、将来二人三脚で永遠の愛を信じさせてくれる女性に男性は結婚を決意するようです。
「将来ハゲたり太ったりしても、あなたを好きなままでいられる」と胸を張って言えれば、男性もうなずくしかありません!!

貴女はどう攻める?

どうでしたか?告白したら、男性に下でに見られる、とかなんとかで自分からプロポーズをしない女性も多いはずです・・・

しかし、付き合った時間は真実なのです。貴女の本当の気持ちを形にしてあげれば、どんな男性でも「YES」と答えてくれるはずです。
案外男性からプロポーズは時代遅れなのかもしれませんね・・・