アラサー独女に突如訪れた悲劇…レズビアン疑惑

男っ気が無いアラサー独女を襲った悲劇

これはあるキャリアウーマンさんから聞いた話なのですが、
いつの間にか会社の男性からレズビアン認定されてしまって、ビックリしたそうです。

確かにサバサバしていて、決断力もあり仕事も出来ますし、
オンとオフを切り分けているので、仕事とプライベートでお化粧やファッション、
言葉遣いの差は結構ある方だと思います

プライベートの姿を見たら、笑顔も素敵で魅力的で、
逆に恋人の一人や二人ぐらいいても当然という感じなのですが、
全く男性に恵まれないのが不思議なくらいです。

あるとき、別部署の女子から、
「○○さんってレズビアンかも?」って、
男性の間で噂になってるよって衝撃の発言が。
えっ、何それ?って感じだったみたいなのですが、
よくよく考えると、あまり男性からお誘いが無いのも、
レズビアン疑惑があって恋愛対象から外れていたのかと、
一週間ぐらい睡眠不足の日々が続いたらしいです。

女子力があってもレッテルの前では効果が無い?

いったい彼女の周りで何が起こっていたのでしょうか?
彼女は確かにしっかりとした女性でした。
仕事もある程度地位があったので、隙を見せられないと頑張っていたので、
一般のOLさんの様に女子アピールするような事もせずに、
(仕事が忙しくて、ランチの時間もきちんと取れなかったみたいですが…)
仕事に打ち込んでました。

ただ、職場の男性側からすると女性らしさが見えなかったのかもしれません。
それが「レズビアンかも?」っていうレッテルにつながり、
恋愛・結婚系の話題が「カモフラージュなんじゃないの?」っていう、
悪循環に陥ってしまったのかもしれないです。

レズビアン疑惑って言うのはさすがに行きすぎですが、
女子力や女性らしさを表現する場がないと、
恋愛の対象から外されてしまうと言えるでしょう。
何より一番問題なのは、恋愛・結婚のきっかけとなる出会いは、
なんだかんだいっても、職場から生まれています。
そのチャンスが一つ無くなるだけでも、
アラサー女子にとっては大きい損失だと思います。

時々本当にレズビアンがいたりしますが

人口の10%ぐらいは同性愛者(もしくは両性愛者)がいるという話もありましたが、
そう思うと社内に数人は同性愛者がいるかも知れません。
ですが、普通に恋活・婚活をしたい女子からすると、
社内男性から恋愛の対象から外されるというのは絶対に避けたいところだと思います。
仕事というオフィシャルの場であっても、
女性らしさというのはしっかりとアピールしたいですね。

自活できる女性は逆に男性を遠ざける?

件の彼女も、プライベートの話題を聞いていると、
家事もしっかりとするし、毎週ジムに通っていたり、
趣味がお寺巡りと絵を描くこと、ピアノが弾ける。
ネコを飼っていて動物好きと、
プロフィールとしては申し分ないです。

ただ、全く隙がないといえるかもしれないですね。
そういう風に自活できる女性と見られると、
男性がいなくても生きていけるという判断をされかねません。

アラサー、アラフォーになると、
もしかしたら結婚できないかも?なんて悲観をして、
思わず終活の事を考え始めるかもしれませんが、
それこそ自活できる女性の道を歩き始める第一歩です。

終活のことを考えるぐらいでしたら、
女子をアピールすることに時間を使っていく様にした方がいいでしょう。
気が付いたら「レズビアン疑惑」が持ち上がらないように、
注意が必要かもしれませんよ。