「共通の趣味=仲良くなれる」は間違い!?趣味が同じで仲良くなれない事って?

はじめに

人と付き合う中で『趣味が同じ』と言う理由が多いのは、同じ価値観で趣味の間で好きと楽しいを共有できるから・・・

最近では「共通の趣味、話題がない人とは・・・」なんて声も耳にしたことがあります。
それぐらい人間関係で重要になってくる『共通の趣味・話題』

しかし、趣味が一緒だから“恋人候補”とは言い切れないんです。

趣味が一緒で、それがストレスに!?

同じ趣味の人がいると、一緒に楽しめるものではないかと思ってる人も居るのではないでしょうか。
しかし、趣味が同じだからといって仲良くなれるわけではないんです・・・

恋愛面では、趣味が同じと言うことで趣味を楽しむだけの、デートになりがちになり、趣味が一番相手は二の次なんて事に・・・

そして、会話も趣味の話がないと話す話題がないということに後になって気づかされたなど、一緒になって分かることも沢山あります。

そして、同一の趣味を持つからこそ出てくるのが、価値観の違い。
お互いがこだわりをもってるから、譲れないこともありますし、へんな嫉妬心でお互い関係がギスギスすることも・・・
趣味以外の話題が無いことで、一度険悪になると修復は難しいと言われます。

一概に『同じ趣味』を持つ事が悪いわけではない

ここまで同じ趣味についてダメと言ってきましたが、一概に『同じ趣味』を持つ事が悪いわけではありません!!
だいいち、同じ趣味がきっかけで5年10年一緒と言う人は多いはずです。
「価値観が同じだから付き合う」という人で失敗している人は、付き合っているうちに必ず見えてくる「価値観のズレ」が許せなくなり、どんどんストレスが溜まってしまう人に多いです。

本当に相性が良いのは「価値観の違いを許せる人」。相手と自分の違いをどこまで許せるか、それが愛情の深さと言って良いのではないでしょうか?

『同じ趣味』の人が相性良くいられるには

一つは、デートは趣味とは関係なく楽しめるものが良いでしょう。
趣味が同じで恋人候補となる場合に重要なのは、趣味以外のデートがどこまで増えていくかです。

「似ている」部分があるから一緒に楽しく過ごせる。
そんなパートナーを見つけたら、徐々に「補い合える」関係になっていくはずです。

「大事なのは“価値観の違い”ではなく“価値観の違いの埋め方”」

そんな風にして、50年続く夫婦を目指したいものですね。