悲劇のヒロイン?「都合のいい女」とは?

あいまいな関係?

「付き合っているのか、付き合っていないのか、よくわからない関係」
そんな恋をしたことはありますか?
恋人に求めるもの、愛の形は男女によって異なるのでそうなってしまうのも無理はないです。
ただし、一つ言える事は
その関係を続けることで頭を抱えて悩む・迷うのなら
今すぐスパッと関係を断ち切ることです。

「都合」って誰の都合?

そもそも、「都合のいい女」という表現こそ、悲劇のヒロインぶっているように思いませんか?
あなたは被害者ではなく、相手はアナタにとっても「都合のいい男」なのです。
お互い勝手な者同士だから惹かれ合うのです。お互いの「都合を埋める相手」なのです。
自分の過ちを、相手に責任転嫁するのは見苦しいです。

好き?嫌い??

そもそも、どうして「都合のいい女」になってしまうのか。
それは好きか嫌いかどちらでも良いからでしょう。
そこに着目していない、その二択の答えを出さない・興味がない・出すのが怖いからではないですか?

刺激を得て次のステップへ

人間、誰しも「ダメとわかっているもの」に惹かれてしまいがちです。
アダムとイヴが禁断の果実を食べてしまったときから、もうずっと同じことの繰り返しなのです。
なのでスリルを味わいたい、刺激がほしくなることもあります。その欲は仕方がないこと。
その刺激を上手くいかせるように。都合のいい女になるなら、文字通り「割り切った関係」になりましょう。