片思いの不安解消!長年カップル18組に聞いた、恋が長続きするための3つのルール

「長く良い関係を続けていくための2人のルール」

今、好きな人はいますか?
気になっている人はいますか?
もしその人との恋が結ばれて、付き合うことになったらって考えたときに、不安に思うことはないですか?
『ケンカしちゃったらどうしよう・・・』
『いろいろ我慢しなくちゃいけないことも出てくるのかな・・・』
『会えなくて寂しくなったらどうしよう・・・』
『重いって思われたりしないかな・・・』
このような不安は女の子なら誰でも心配しちゃいますよね。
そこで、良い関係を長く続けていけるコツを少しでも知っていたら、これからの恋愛に対する取り組み方にも自信が付くんじゃないかな~と思い、交際歴3年以上の18組のカップルに話を聞いてみました!

調査期間約4ヶ月・・・

顔が広いわけじゃないので苦労しました・・・(笑)
もっと私自身も恋愛を語る前に交友関係を増やさないといけないな・・・と思った次第であります。
交際歴3年以上のカップルを対象にお話を聞かせてもらったのですが、話を聞きながらこちらが幸せな気持ちになりました♪
その中で気付いた点を題材に、お話させていただきます。
長く関係を続けるコツを聞いている中で、ほとんどのカップルに共通していたのは、「二人のルール」を持っているという点でした。
18組中12組が何かしらのルールを定めていました。
特に「ルール」という認識はなくても「そういえば気付かないうちに暗黙のルールを作っていたかも」と、改めて再確認したカップルが多かったように思います。
それでは、そのルールをこれから紹介させていただこうと思います。

ケンカしたら、その日のうちに仲直り!

恋愛は相手がいてこそ成り立つもの。
そりゃ意見が合わないときや、譲れないときだってありますよね。
そんな時は、我慢せずに意見をしっかり相手に伝えてください。
ケンカになってもいいのです。
小さいときは、兄弟喧嘩の一つや二つしましたよね?
喧嘩したからといって縁を切ったなんてことはありませんよね?
お互いの意見を言い合えって相手の考え方や思考を知ることによって、よりお互いを知ることが出来て絆が深まるのです。
でもケンカをしたら、その日のうちに仲直りしましょう。
日にちが経てば経つほど気まずくなって、仲直りのタイミングを逃してしまいます。
ケンカした後、少し時間を置くと冷静に考えられて、ケンカしていたときとは違った考え方が生まれるはず。
それを、感情的にならず伝える機会を作りましょう。
片意地を張っているとそのまま自然消滅なんてことになりかねないので注意ですよ!

忙しくても、1日1回メールを送る

お互い生活環境が違って、時間が合わないというカップルもたくさんいらっしゃいました。
仕事などが忙しくて頻繁に会えないときもあります。
その中で、連絡をおろそかにするのではなく、一日一回だけでもメールを送ったり、電話で少しでもお互いの声を聞くというだけで、2人の絆はグンと深まります。
寝る前に「おやすみ」の一言メールでもいいですし、画像を添付したメールなどもおすすめですよ。
いかがでしたか?
付き合う前の不安は解消できたでしょうか?
そして、付き合うことに自信を持てたでしょうか?
また、恋から遠ざかっていた人も『恋したい』と思ってもらえたでしょうか?
みなさんの心が明るい方向へ少しでも動いたのなら幸いです♪