当事者にしかわからない不倫の魅力を徹底解剖!

はじめに

不倫反対派の人から見ると、おそらく理解できないであろう内容です。
不倫にハマってしまう女性が読むと、納得できること間違いナシ。
そもそも不倫をしている当事者たちは、「不倫」に対して求めているものや捉え方が違うのです。

経済的保障がない?

不倫相手から高価なプレゼントや、直接金銭をいただいて愛人になっている人もいれば、
そこまでいかなくても、不倫関係のカレと会うときは財布を持たない人も多いのではないでしょうか?
結婚した夫婦関係で、旦那が稼いだお金を家に持って帰ってくるのと
不倫関係は似たような関係ですよね。
でも、法律的に何の保障もないので、不倫相手の都合にふりまわされて
あっさりとご奉仕がなくなってしまうことも…って、これは別に不倫相手に関わらず
嫁に対しても訪れる危険性なので気にすることなし。
それに不倫したがっているオトコは山ほどいて、「お金持ち」のハードルは人それぞれですが
お金を持て余している人もたくさんいます。お金だけが目当てなら、また次に行けばいいだけです。


将来の約束もない??

「離婚しようと思っている」
「いつか必ず結婚しよう」

不倫男の決まり文句。確かに不倫関係の男女は、こういうことを言ってもらえると嬉しい人も多いのでは?
端から見ると「何舞い上がってるの?」「離婚してから言えよ」と思うかもしれませんが、
「不倫する」という時点で「不倫」というものを受け入れて楽しんでいるのです。
すなわち、そもそも初めから将来に期待なんてしていないのです。
結婚願望がなく、いつまでも恋愛をしていたい、恋を楽しみたい人は不倫がオススメです。

そして結婚願望があって、不倫を楽しんでいる人も不倫は不倫で割り切っています。
不倫するような男と結婚なんてしようと思っていませんので、ご心配なく。

世間的にも認められない???

カタチのない、表面的というか不倫関係の二人の間にしか
認められることのない愛情。
どれだけ足掻いても、「不倫関係」から払拭されることもないし
社会的・法律上にも立場はありません。

そういう関係だからこそ、良いんです。そういう関係になりたいから、不倫をするのです。
何故なら、すごくドライな、割り切った関係には「悩み」は生まれないから。
しがらみなど何もないのです。好き勝手できるのです。

おわりに

いかがでしたか?
要するに、正義感が違うということ。
人間が一緒にいたい、一緒にいてラクな人は「悪に対するイメージが同じ人」です。
幸せのカタチも、考え方も、正義感も人それぞれです。
この記事の内容が理解できなくて、「自分の考えが正しい!不倫反対!!不倫撲滅!!!」と
鼻息を荒くして、知り合いの不倫をバラしたりするのはやめましょうね。
アナタのその行動で、傷つかなくていい人が傷つくことだってあるのですよ。