今日からできるカンタンな甘え方テクニック!

誰でも「甘え上手」になれる!

「上手に甘えることができたらなー…」と頭を抱えている
姉御肌のしっかり者タイプのアナタ。
「甘える」ということを、とっつきにくいと思わないで!
ちょっとした意識の変化でアナタも甘え上手になれるんです♪

自分を許してあげるようになること

これは言い方、捉え方を変えると
「自分を甘やかしてあげられるようになる」ということ。
自分を執拗に責めたてたり、妥協しない、完璧主義は卒業しましょう。
完璧主義とは自分に自信がない証拠です。
人間とは不完全な生き物です。誰しもどこかが欠落しているのです。
自分への厳しさは、他人にもその厳しさが伝わっていますので
まずは自分自身に思いっきり甘えてみましょう。

小さなお願いをしてみる

いきなり「寂しいな」「一緒にいたいな」とボディタッチを織り交ぜながら、
上目遣いで、じーっと見つめてみたりしながら言えるわけなんてないですよね。
自分の弱さを見せるのもなかなか勇気がいるものです。
なのでまずは「それ、取ってほしいな」「○○が食べたいな」
そんなことから始めてみましょう。
そして、お願いをきいてくれたらとびきりの「ありがとう」を伝えましょう!
きいてくれなかったときは「ごめんね。ワガママ言って」と謝るだけで
相手に好感を与えることができるので、失敗を恐れないこと!!

考える前に素直に聞いてみる

「迷惑かな…」「(ワガママを)きいてくれなかったらどうしよう…」
…と思い悩んでしまう前に、素直に
「ワガママ言ってもいいかな?」と聞いてみましょう。
「ワガママ」と聞くと、男性はちょっと身構えますが
そこで先ほど述べたような小さなお願いをすると
「なんだそんなことか。カワイイな」と思われること間違いなしです♪

「甘える」は女性の特権です!

男性は女性には積極的に甘えられたいと思っています。
最初からそれなりにワガママにも耐性が備わっているのです!(笑)
しっかり者タイプのアナタなら、気になる男性が
「今忙しそうだな…余裕がなさそうだな」と見極める能力はあるはずです。
タイミングを見計らって、さりげなく甘えてしまいましょう!