2人の間の気まずい雰囲気を打開することが大進展への近道!

はじめに

2人でデートしたものの、なんだか緊張して上手く話せない…なんてことありますよね。沈黙が気まずくて焦ってしまいその様子が彼にも伝わっているようで余計に気まずい…
とかいう気まずいループにハマッてしまえばもう大変。
そんなときの打開法を覚えておくだけで、気まずい雰囲気をさよならできちゃう!

1.思い切って今の気持ちを言う

「なんか緊張しちゃって…いつもみたいに話せないな~どうしようっ」なんていいながら頬に手を添えれば、彼も「そうだったんだ、可愛いな~」と思ってくれるはず。
気持ちを伝えることで彼も、リードしようと思ってくれる可能性が。

2.失敗談を話してみる

恥ずかしさを捨てて自分の失敗談を話すと場が和む可能性は大です。自分の恥ずかしい部分をだすことで絡みやすい印象を与えることもできるので、グッと心は近づきます。
親しみやすさを前面にだせば、彼からも絡みやすくなるはず。

3.逆に黙る

沈黙を怖れずに余裕のある態度で黙ってみましょう。そうすれば、大体は相手からしたい話をふってきてくれるでしょう。それに乗っかって話しを盛り上げていけば◎
沈黙でも楽な子だと思われたら、側にいたい女性認定されるかも。

恋活中の方は、男性と会話をしたりお出掛けをする機会が多いかもしれません。
気まずい雰囲気になったときにはぜひ活用してみてくださいね♪