【悪用禁止】話し方で解る相手の深層心理

はじめに

人の感情というものは、表情仕草に細かく出てきます。
大まかに答えれば「喜」「怒」「哀」「楽」と言った、感情です。
かたや「声が大きい」「身振り手振りが大きい」かたや「口数が少なく」「話しているときも直立不動」
目や態度は、口より正直と言いますが、今回は『人の話し方で解る相手の深層心理』をまとめてみました。
いくら自分を取り繕っても、見ている人は見ているんですよ?

声が大きい人

大きい声で物事を話す人は、話を自分の方向に向けたいがために、相手を圧してしまう傾向があるようです。
そのために人の話を聞いていない場合がほとんどで、恋愛も一方的に自分の欲求を押し付けてしまう傾向が強いようです。
『自己中心的』な考えを持つ人が多く、男らしい性質と言えますが、裏を返せば「子供っぽい」性格だと思われます。

早口な人

とても頭の回転が早い人に見られるのがこのタイプです。
次々と言葉が浮かぶので、器用にあなたを楽しませてくれる存在にななってくれるはずです。
ただ、このタイプの人間は嘘やハッタリも上手な人でもあり、取り繕う行動が多くなったり、飽きっぽさも出てきやすいので、日々変化を求めているタイプです。

目線をよく合わせる

目線を良く合わせる人は、寂しがり屋のかまってちゃんに多いタイプです。
自分を見て欲しいという願望が強い人が多く、興味を持っていることを伝えてあげることで、良好な関係が構築できます。
誰かと気持ちを共有したいと求めるタイプなので、甘えん坊で、すぐにすねてしまうような子供っぽさもあります。

腕を組む、手癖が悪い

このタイプは不安や不満が多い人に見られます。
そわそわしやすく、心配性な傾向があり、さらにイライラや不満を解消しようとしているので、言いたいことが言えずにもやもやを抱えている場合が多いです。
寛大な気持ちで受け止めるか、話を聞く姿勢を見せるのが良いかもしれません。