【閲覧注意】男の本音!アナタにとって「最愛の人」の定義とは?

はじめに

恋活、婚活に焦りすぎていませんか?
焦ると見えていたものが見えなくなってしまいます。
アナタにとって、恋人とは何ですか?大切なものとは何ですか?
一度落ち着いて考えてみましょう。

愛とお金

「愛があれば、お金なんていらない」という気持ちは少なからずあっても、実際問題お金がないと生きていけません。
なのでお金の面を気にしてしまうのは仕方のないこと。
そして誰もが一度は夢見たことはあるでしょう「玉の輿」。
そのため「お金なんてなくていいよ」という思いは綺麗事にしか過ぎません。
ですが金銭面・経済面ばかりを気にしすぎて「金持ちとしか結婚したくない」
「年収650万円以上がいい」「安定した、食いっぱぐれない仕事がいい」「出世が約束されている仕事がいい」
なんてことばかり嘆いている女は終わっています。
男は仕事に生きるものかもしれませんが、男はATMではないのです。

愛と仕事

先ほども述べましたが、男は基本的に仕事に生きようとします。
「私と仕事、どっちが大事なのよ!」なんてセリフは言い換えると「私は頭の悪い女です!」と言っているようなものです。
女は仕事に励む男を支える、癒すのが役目ではないでしょうか。
「仕事が忙しい」と言っている男に対して、執拗に「会いたい」「寂しい」と伝えるのは
男にとって負担でしかありません。余計に疲れさせるだけです。
裏を返せば、「忙しい」と言っているときはそっとしておいて
忙しさが落ち着いたときに、温かく愛情で包み込んであげれば男はイチコロなんですよ。

必要なのは母性

やはり男は彼女に「母親の面影・母性」を求めます。家庭的な女が愛される理由もコレです。
好きな女、大切なものがあると男は頑張れるのです。
そんな男を応援し、支え、受け入れてあげる。男はとにかく「温もり」を求めます。

おわりに

いかがでしたか?綺麗事のように思いますか??
面白いことに、こういう風に考える女には望んでいなくても「いい男」が寄って来るのです。
アナタのゲンキンな思いは、コミュニケーション・表情・行動など何かしらに必ず表れます。
「いい男」を手に入れるのは難しいです。敵が多いです。見渡す限りライバルばかりです。
そこで戦っていくには、自分だけの武器を持つしかないのです。
アナタの武器は何ですか?武器が見つからないのなら、「愛を持って戦う」のみです。