悩んだときに思い出したい海外セレブの素敵なお言葉(女性)

彼女たちの発信する全てに私たちは憧れ、魅了される。

美しさ、堂々とした態度、そしてそのカリスマ性。華やかなライフスタイルはまるで別世界で、私たちはまるでドラマを見ているかのようにワクワクしながら彼女たちをを追いかけてしまう。

しかし、そんな表の華やかな印象とは反して、数々の苦悩を抱えていることと思います。
私生活を追いかけられ、事実とは異なる噂話を流され、批判され、プレッシャーをかけられ…日々のなかで心を何度すり減らしたことでしょう。

しかしそれでも強く立っている彼女たちだからこそでてくる力強い言葉があります。

そんなありがた~いお言葉を、あなたが悩んだときにふと思い出してみてください。

1.ブレイク・ライブリー

「私は自分というものをしっかり持っているわ。それが私を安心させてくれるの。
他人の意見や身に着けている服、仕事とか、つねに変化するもので自分の価値を見いだそうとしても安らぎは得られないでしょ」

「人が私をどう見ているかは気にしない。他人の意見に振り回されていたら、結局は間違った選択しかできないでしょう

2.ペネロペ・クルス

「自分以外の誰かの目線で自分を見ていては、自分の人生は生きられない」

3.ケイティペリー

「私を嫌う人間なんて存在してるかもしらないわ。
だってそんな人達のことどうでもいいんですもの。全ての人を喜ばせようと無駄な努力をしてしまったら、自分がなくなってしまうことになるわよ。
みんなに好かれようとして自分自身を失ってしまうのがオチよ。そして最後はとってもつまらない人間に成り下がってしまうわ」

4.マイリー・サイラス

「人生で辛い状況に置かれたとしても、「何で私なの?」なんて言わないで、
「かかってきなさいよ」っていうのよ」

5.マリリン・モンロー

「たとえ百人の専門家が「あなたには才能がない」と言ったとしてもその人たちが全員間違っているかもしれないじゃないですか」

「人はいつだって何かを失っているのよ。
それでも私たちは生き続けなければならない、そうでしょう?」