【映画レビュー】脳内ポイズンベリー

タイトル

脳内ポイズンベリー

公開日

2015年5月9日

作者/監督

佐藤祐市

主演

真木よう子・櫻井いちこ
西島秀俊・理性/議長(吉田)
古川雄輝・早乙女
成河・越智さん
吉田羊・ネガティブ(池田)

あらすじ

携帯小説家の櫻井いちこ(真木よう子)は、飲み会で同席して以降興味を惹(ひ)かれる年下の早乙女(古川雄輝)と偶然再会。声を掛けるか否か、彼女の脳内ではいろいろな役割を持つメンバーが会議を繰り広げ、議長の吉田(西島秀俊)が取りまとめた結果、早乙女を食事に誘うという結論に。その後交際に至るも、双方の誤解や彼の元恋人の登場などで疲れ果てたいちこは、編集者の越智(成河)からもアプローチされ・・・
テレビドラマ「失恋ショコラティエ」などで知られる水城せとなの人気コミックを実写映画化。7歳下の男性と年上の男性とのややこしい関係に苦悩するアラサー女性の脳内世界で、さまざまな役割を持つ脳内会議メンバーが討論を繰り広げるという異色の設定で描いた今作品

感想

原作と比べて「脳内会議」の方がより重点的に描かれている印象です。
脳内がメインに描かれているため、楽しみどころは「現実で起こる恋愛模様」というよりは「現実で起こる恋愛模様に対するアラサー女子の本音」という感じでしょうか?
所狭しとアラサー女性が胸に刺さるような「あるある」がありますが、幅広く「大人」が楽しめる作品となっている印象です。
自分の行動に自信が持てない女子に見て欲しい映画ですね。