見た目年齢を10歳以上老けさせるまちがった美容習慣

見た目年齢を引き上げるのは顔のたるみや肌のハリ

見た目よりも老けて見られる人は沢山いるかと思いますが、その要因になっているのは顔のたるみや、肌のハリが失われてしまう所にあるかと思います。
日夜、顔のたるみや肌のハリを取り戻そうとマッサージやケアに励んでいる独女も多いかと思いますが、実は大きな落とし穴がそこにはあったのです。
美しくある為にやっている事が、実は見た目年齢を引き上げる要因になっているかも知れませんよ。

こんな美容習慣はダメ!「強いマッサージ」

血行をよくしたら、新陳代謝が活発になって…という理由か美顔マッサージをしている方多いかと思います。
痛いぐらいやらないと効果が無いという人もいますが、実際にそこまでやってしまうと皮膚の組織を傷つけて、余計にたるみやハリを失くす要因になってしまいます。
何事もほどほどが一番ということですね。

もちろん「強いパッティング」も注意!

化粧水をつけたり洗顔を行ったりした際に、強くパッティングを行う人もいるかと思いますが、これも逆効果です。
強いマッサージと同じように、皮膚の組織を傷つけてしまう要因となりますので、あまり強いのはお勧めできません。

強い刺激はシミの原因になる事も

そもそも顔の肌はデリケートな部分なので、強い刺激を与えるとそれがシミの要因となってしまいます。
シミ・黒ずみは擦れたり、強い刺激で毛細血管が損傷したりする事で発生しますので、強い刺激を与えることは、あまり良い方法ではないでしょう。