疲れを持ち越さない4つの方法

「疲れ」溜まってませんか?

雨にも負けず
風にも負けず
雪にも夏の暑さにも負けぬ
丈夫なからだを持ち…たいですよね!
寝ても寝ても、身体がダルイ…もっと休みがほしい、
そんな働きマンな皆さんが少しでも疲れを解消できる方法をご紹介します♪

エナジードリンクは卒業しましょう

忙しい日々のお供に、
エナジードリンクを頼っている方も多いのではないでしょうか。
でも実はこのエナジードリンク、効果が全くないんです!
「思い込み、気休め」効果なんです。
アミノ酸の一種の「アルギニン(L-アルギニン)」が
殆どのエナジードリンクには含まれていて、
成長ホルモンの分泌促進・免疫機能の向上・脂肪の代謝促進
などに関係しているため、「疲労を回復させる」と
「言われるようになった」のです。
俗説であって、確たる証拠はありません!
普通の清涼飲料水に比べて割高ですし、合成甘味料が添加されているものも多く
カロリーや糖類の方が気になります!
医者から見ても、「レモン水を飲んでる方が良い」と言うくらいなんですよ。

クエン酸を積極的にとろう

酸っぱいものが食べたくなるときは、疲れている証拠。
…と聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
クエン酸は疲労物質の乳酸を分解してくれるからなのです。
疲れているときは甘いものが欲しい!という人も多いと思いますが、
甘いものにはビタミンがあまり含まれていないので上手く分解されずに、
乳酸に変わってしまい、かえって疲れを感じてしまうことになります。
酢の物を食べたり、おかずにお酢をかけるようにすると手軽に補給できますよね。
他にも、レモン・みかん・グレープフルーツ・パイナップル
キウイ・トマト・梅があります。
これからの季節に食べやすいものばかりですよね♪

ご飯と味噌汁のセットを!

日本人の食事の要、「ご飯と味噌汁」!
身体はたんぱく質で出来ていて、
このたんぱく質を作るのに欠かせない栄養素がアミノ酸です。
アミノ酸はサプリメントでも色んなものが売られていますが、
肉類・魚介類・乳製品、主食の米にも多く含まれています。
味噌汁には鉄分が含まれていて、立ちくらみにも効果的です。
ご飯と味噌汁を毎日摂取するだけで、
身体に必須なアミノ酸を定期的に摂る事ができます!

身体と心、両方のケアを

もちろんお風呂にしっかり浸かってリラックス、
定期的なランニング、ストレッチなども疲労解消には効果的です。
ですが疲れているのは多忙だからであって、そんなことをしている時間なんてない!
という人が多いのが現実です…。
アスリートが日頃の過酷なトレーニングに励み、
試合の緊張感などから打ち勝つためにしている
リフレッシュ方法の一つに「瞑想」があげられます。
目を閉じて「何も考えない」ことを意識して深呼吸する。
1日3分程度で頭の中が掃除されてスッキリしますよ。

アナタはまだまだ輝けます◎

疲労回復すると、もっともっとキラキラした毎日を過ごすことができますよ。
人生一度きり!無理をするのは禁物ですが、精一杯楽しんでいきましょう♪