室内だからこそできる気になる相手としたくなるちょっと過激なオススメH

恋人、セフレ、気になる相手とのおうちデート。
ゆっくりのんびり過ごすのもいいけれど、たまにはちょっぴり激しいエッチで燃え上ってみませんか?

二人っきりの室内だからこそ出来る!
ちょっと過激なプレイをご紹介します。

拘束&目隠しプレイ

手軽にできて初心者にもオススメなのが拘束プレイ
特別な道具を用意しなくても、身近なものを使ってすぐに取り入れられます。
タオルやネクタイ、ベルトなど、長さのある布・ロープ状のものならなんでも大丈夫。
それらを使って手や足を軽く縛るだけで、ソフトSMを楽しめます。

目隠しもタオルやアイマスクを使用すればOK。
視覚を遮断すると、触覚や聴覚など他の感覚が研ぎ澄まされて敏感になり、感じやすくなります。

目隠しされて何も見えず、次に何をされるのかわからない。
さらに縛られて抵抗できない状態に、とてもドキドキしてしまうはず。

「あのね、実はちょっと縛られてみたいんだけど…」
「目隠ししてエッチしてみたいんだけど、どうかな?」
いいムードになった時にさらりと言ってみて。
ベッド脇にタオルやアイマスクをさり気なく置いておけばスムーズですよ。

手錠やロープなどの拘束グッズはネット通販で安価なものも売られていますので、もちろんそれらを購入するのも◎

手枷、足枷、首輪などまで一式セットになっているものもあります。エナメルの首輪や拘束グッズを使用すると視覚的にもとってもエッチ。
グッとアブノーマルな雰囲気になり盛り上がりますよ。

コスチュームプレイ

コスプレエッチも取り入れやすくオススメです。
女子校生の制服、スクール水着、バニーガール、女医さん、ナース服、OL風、女王様風ボンデージ、CA、メイド服…
誰でも、一度着てみたい!彼女に着てもらいたい!そんな憧れの衣装があるのではないでしょうか?

また、そういった「いかにも」なコスプレ衣装でなくても、超ミニスカートやタイトスカート、ストッキングや網タイツ、ノーブラ+ピチピチで乳首が透けちゃう白Tシャツやタンクトップ、裸エプロンなどなど…

普段とがらりと違う雰囲気の服装や、恥ずかしくてできない恰好をすると新鮮で気分が盛り上がります。
浴衣などの和装やセクシーランジェリーもいいですね!

メイクや髪型まで思いっきり変えてみるのも楽しいです。
非日常な装いをすることでことでいつもと違う自分になり、少し大胆になれるかも。

イメプ・なりきりセックス

「イメプ」とはイメージプレイの略。
「先輩と後輩」「先生と生徒」「ご主人様と奴隷」など、設定や役柄を決めて、そのキャラになりきってセックスをすること。
性的ロールプレイとも言います。

「お医者さんごっこ」や「電車で痴漢される」…そんな状況を妄想したことはありませんか?

乙女ゲームやレディコミなどを見てもわかるように、誰しも現実ではありえないと思うシチュエーションへの憧れがあるもの。
実際にレイプされたいわけではないけど、強引に求められたい、乱暴に犯されてみたい…という願望を持つ女性は多いです。

恋人やセフレにイメプを提案しづらいときは、AV鑑賞と組み合わせるのがオススメ。
「一緒にエッチな動画見ようよ」と誘ってみてください。

少し部屋を暗くしてAV鑑賞しながら「どういうAVが好き?」と聞いてみたり「私はこういうのかなぁ」と自分好みの設定を伝えて。
「こういう感じのエッチしてみたいな…やってみない?」と、自然とイメプに誘うことができますよ♪

大人のオモチャを使う

バイブやローターなどのアダルトグッズ
普段のセックスではほぼ使わないという女性が半数以上だそう。

何となく怖い、恥ずかしい、機会がない…と敬遠していてはもったいない!
今は高性能のアダルトグッズがたくさんあります。
女性向けで可愛らしいデザインのローターやバイブもあるので、自分で購入してもいいですし、彼と一緒にあれこれ試してみるのも楽しいですよ。

ローションを使って全身ヌルヌルプレイ、オモチャを使って目の前でオナニーして見せる、なんていうのもいやらしくていいですね。
使い終わった後はきちんと洗って衛生面には気を付けましょう!

玄関ドアの前やベランダ・窓際で

青姦や野外露出に憧れがあるけど、リスクが高すぎてとてもできない…
本当に人に見られてしまったらどうしようと不安で集中できず、気持ちよくなれなさそう…

そんな貴女にオススメなのが、室内の玄関近くやベランダでのエッチです。

普通はベッドでするSEX。
ときどきバスルームやキッチン、リビングのソファなど、場所を変えてすると新鮮ですよね。
玄関や窓の近く・ベランダならリスクなくスリルを味わうことができちゃいます!

お部屋がマンションやアパートの場合、玄関ドアの近くや共用廊下に面した窓のそばって、意外と外の音が聞こえませんか?
他人の足音や気配を感じながら
「ダメ、エッチな声聞かれちゃう…」
「声出したら、いやらしい女だって近所の人にバレちゃうよ?」
そんな風にドキドキのプレイをすることができますよ。

真夏や真冬でなければベランダでエッチなことをしちゃうのも刺激的。
(もはや室内ではないですが)
ベランダでなんて無理!と思うかもしれませんが、なにも立ちバックで挿入までしなくてもいいんです。
ベランダで夜風にあたりながらキスをし、そのまま服を脱がされたり、下着に手を入れられたりしたら、青姦気分を味わえますよ。
彼のをフェラしてあげるのもいいですね。
我慢できなくなったら室内のベッドに移動して、思う存分激しくできるのもベランダエッチのいいところです♡

鏡の前・ハメ撮り

恥ずかしいからといつも薄暗い部屋の中でセックスしていませんか?
特に女性はセックスの最中、快感に集中するために目を閉じがちですが、気持ちを盛り上げて興奮するには視覚も大切です。

ラブホテルではよく鏡張りの部屋がありますよね。
自宅でも、部屋を明るくし、ベッドのそばに大きな鏡を置いてセックスしてみましょう。
自分の淫らな姿が映っているのを見ると恥ずかしくて興奮してしまうこと間違いなしです。
「つながってるところが丸見えだよ」なんて言葉責めされたらゾクゾクしてしまいますね。

スマホを使ってハメ撮りにトライしてみるのもいいでしょう。
女性は見られて興奮する生き物。
カメラを向けられたら「いやらしいところ撮られちゃってる…」と、いつもより感じてしまうかも。

おしがまプレイ

「おしがま」とは「おしっこを我慢させる」行為のこと。

女性がおしっこをしたくてモジモジしている姿、我慢できずにお漏らししてしまう姿に興奮する「おしがまフェチ」の男性が意外と多いって知ってましたか?

「我慢できない…オシッコ漏れちゃう…!」と恥じらう姿がかわいくてたまらないのだそう。
そのままパンツを履いた状態でお漏らしさせるのが好き、という男性も…。

もしもMっぽい彼だったら、男性に「おしがま」させてみるのも楽しいですよ。
限界まで我慢させて「オシッコさせてください」とお願いさせるのです。
そしてトイレやお風呂場でおしっこするところを見てあげましょう。ちょっと変態な羞恥プレイに、Mなカレはゾクゾクしてしまうはず。

「おしがま」とは少し違いますが、射精を我慢させるのもアリ。
フェラや手でしてあげている時にすぐにはイかせず、何度も寸止めしてから射精させてあげると、とても快感が増します。

こういった『羞恥プレイ』『焦らしプレイ』を取り入れるとSEXがグンと気持ちよくなりますよ。

まとめ

試してみたいプレイはありましたか?

いつも同じようなマンネリHじゃもったいない!
この記事を参考に是非、刺激的なプレイを取り入れてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です