どんなキスが好き?シチュエーション別好まれるキスのパターン

大好きな彼や気になっている人からのキス。こんなシチュエーションでされたらドキドキが止まらない…!というような理想的なシチュエーションは女子なら誰でも一つはもっているものですよね。
とはいえ、意外と友人同士でこういった話をする事は少ないもの。

という事で今回は、世の女子達が抱く理想のキスのシチュエーションについて調査してみました!
一体どんなパターンがあるのか、詳しく見て行きたいと思います!

イルミネーションでのキス

『十数年前に片思いしていた男性と偶然再会して、一緒にご飯を食べに行く事に。懐かしい気持ちはありましたが、当時のような恋心はもう一切ありませんでした。けれど、食事の帰りにたまたま通ったイルミネーションがあまりにも綺麗で、“綺麗だねー”なんて話ながら歩いていたらお互いいい雰囲気になってしまって。立ち止まったタイミングでキスされました。イルミネーションの光に照らされる彼の顔が一段と素敵に見えてドキドキ。イルミネーションマジックってすごいなと思いました』

 

『付き合う前の彼と一緒に有名なイルミネーションスポットへ行った時の事。イルミネーションの場所に入った瞬間から雰囲気が変わる。ファンタジーの世界へやってきたようなロマンティックな気持ちになって一気に気持ちが盛り上がる。こういう所に連れて来たって事は向こうも今日、進展させたいと思ってるのかなと思うと、ドキドキが止まらなくて。しばらくスポットを散策している合間に告白されて、OKした後、チュってキスされちゃました。私の中で今までで一番キュンとなったキスのシチュエーションでした』

 

イルミネーションというロマンティックな雰囲気でのキスはやはり女性としては胸キュンもの。十数年ぶりの恋心ですら呼び覚ますようです。また、今日は告白するぞ!という時のデートにもピッタリのようですね。

 

「おはよう」のキス

『朝、私の方が早く目が覚めてしばらく彼の寝顔を見ていたら、彼も起き出して“何見てんの”って頭を抱きしめられて引き寄せられた瞬間にキスされたい。その後、彼の腕の中に閉じ込められて、何度もチュッチュッって感じの軽いキスを繰り返されたい。こんな彼、私にもできるかなー』

 

『同棲中の彼は、毎朝起きたら必ずキスしてくれます。毎日の習慣で当たり前のようになっているけれど、逆にそれが嬉しい。彼の事が大好きなので、こうして当たり前の事が当たり前のように出来るのが、私にとっては幸せで、毎朝胸が高鳴る瞬間です』

 

朝起きての「おはよう」のキスは甘い時間を感じさせるもの。そのため、「おはよう」のキスに憧れる女性も多いみたいですね。また、毎朝の日課となる事で「当たり前の幸せ」を感じられる女性もいるようです。

 

不意打ちのキス

『前々から気になっている彼。気持ちは伝えた事はないけれど、何度も目が合うし、きっと向こうは私がいつもチラチラ見ている事に気づいてる。そんなある日、またいつものように彼を見ていたら、目が合った。そして、彼はこっちへ近づいてきて私の顔の前に顔を寄せる。突然の事でビックリしたけれど、鼻筋が綺麗だなとか、唇の形がいいなとか見ていたら、不意にキスされた。“今、キスしたいって思ったでしょ?”って心の中を見透かされたように笑われて思わず“思ってない”と答えるけれど“思った”と言い返されて…と、こんなシチュエーションに大いに憧れます!』

 

『趣味の集まりの中で知り合った10歳年下の男性。恋愛対象ではありませんでしたが、共通の趣味があったので、一緒に遊びに出かけたりご飯を食べに行ったりする仲になっていました。何度目かのお出かけの後、その日も一緒にご飯を食べて解散となった時、“家まで送ります”と言われました。私の家はすぐ近かったので、何かのついでかなと特に気にせず“ありがとう”と言って送ってもらったのですが、家の前に着いた別れ際に唐突にキスされました。“可愛かったから”と言われたのですが、10歳年下の恋愛感情もない男性相手でも唐突にキスされたらときめいてしまうものですね』

 

不意打ちのキスも女子の心を鷲づかみのシチュエーション。今まで恋愛対象ではなかった相手でも不意打ちのキスで思わず意識してしてしまうという女性も少なくないようです。

 

観覧車でのキス

『もうすぐてっぺん、そろそろかな、そろそろかな…と待っている自分もいる。てっぺんに到着する直前に彼と二人で見つめ合って…ちゅっ。そんなシチュエーションが好き。特に夜、夜景を見ながらのキスは大好きです。なので、付き合った人とは必ず1回は観覧車に乗ります』

 

『透明なかごという空間に二人きりというシチュエーションがドキドキします。前後の人から見えてしまうかもしれないと思いつつ、二人きりの空間に浸りたい。そんな葛藤の中でするキスって萌えポイントです』

 

観覧車もキスのシチュエーションとしては王道です。デートコースの定番でもあるので、男女ともに誘いやすいというのも嬉しいポイントといえるでしょう。女子としては特に夜の観覧車にムードを感じるので、誘うなら夜が狙い目です!

 

エレベーターの中でのキス

『彼氏とラブホに行った時。部屋まで待ちきれずにエレベーターの中でキスしたのがすっごく興奮しました。彼氏とはなかなか会えないので、一秒でも二人きりでいられる時間を大切にしたい。そんな思いを二人で共有できたような瞬間でした』

 

『もしかしたら誰かが乗ってくるかもしれない。そんなシチュエーションでのキスがドキドキします。このスリルが苦手な男性も少なくないので、一緒に楽しんでくれるような人と出会えたらいいなぁ』

 

スリリングなキスが好きな女子はエレベーターの中でのキスというシチュエーションに萌えるようです。確かに、誰かに見られるかもしれないという中でのキスは興奮度がアップしますね。
ただ、実際に見られるとしらけてしまいかねないので、キスのタイミングや長さには注意が必要です。

 

職場でのキス

『今、職場恋愛中なのですが、わざと休憩室で二人きりになるような状況を作ってキスしてきます。誰かに見つかったらマズいから…というものの、職場の誰かに見られるかもしれないというスリルに少なからず興奮している私もいて…ついつい流されてしまいます』

 

『彼とは職場の屋上でよく一緒にランチするのですが、周りに人がいるのに自然なスキンシップをするかのようにキスされます。濃厚なのではなく軽いキスですが、昼休みとはいえ仕事中なのにと思うと、恥ずかしい反面、仕事中でも私を想ってくれてるんだなってキュンとなります』

 

職場恋愛をしている女子にとって、職場でのキスというシチュエーションはドキドキするもの。職場によって、どこまで許されるのかというのはありますが、一度くらいはこっそりキスしてみたいものですね!

 

ベッドでのキス

『やっぱりベッドでのキスが一番!お互いを求め合うように夢中になってキスして、そのまま致してしまうのが一番ドキドキする』

 

『私の彼は普段物腰柔らかくて、中性的で、あまり性欲的なものを感じないのですが、ベッドインすると急にスイッチが入るみたいで、すごく長いキスをされます。その時の表情も普段見る事のない、オスの顔になっていて、ギャップですごくキュンキュンします。同時に、こんな彼の姿は私しか知らないんだろうなと思うとすごく嬉しくなります』

 

ただ夢中になってキスを求め合う。そんなシチュエーションが好きな女子にはベッドでのキスが最も好まれるようです。男性の本能が見られるのもベッドの中。普段とのギャップを感じたいという女性にとっても、ベッドでのキスはドキドキするものみたいですね!

 

理想のキスについてシチュエーション別で紹介しました。いかがだったでしょうか。共感できるものはありましたか?
女性を喜ばせられるキスがしたいという男性の方々は、参考にしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です