今年こそはしたい!秘めた願望5選

新しい年になり、皆さんは新年の抱負を立てましたか?
かしこまって抱負を立てた、という人は少ないかもしれませんが、初詣で神様にお願いしたり、漠然と今年はこんな事がしたいなと密かに願望を抱く人は多いのではないでしょうか。

そこで今回は今年こそしたい、秘めた願望を5つ紹介したいと思います。

 

結婚

『30歳までには結婚したいと願い続けて今年でもう29歳。今年こそ、素敵な結婚相手を見つけるべく、お正月は恋愛成就の神社を3件はしごしました。今年は恋愛パワースポットにも行ったり、婚活アプリを使ったりして今まで以上に積極的に婚活に励みたいと思います!』

『今まであまり焦ってなかったのですが、周りが次々と結婚し始めて、気付けば高校から仲のいい友達の中では独身なのは私ともう一人の友達だけに。その友達は、私は結婚願望なんてないからと言ってるだけに、実質結婚願望がないわけではないのに独身なのは私だけ。と思うとちょっと焦ってきました。恋人もいないのでまずは相手を探すところからスタートですけど、結婚を視野に入れたお付き合いができる人を探せるように頑張ります』

『今の彼と付き合って6年。令和婚を期待していたものの彼からはそんな素振りもなく、令和元年が終わってしまいました。今までずっと受け身で、いつかプロポーズされるかな…という姿勢でやってきましたが、今年は私からプロポーズするくらいの気持ちをもてるようになりたいです』

女性にとって結婚は人生の中で特に重要なイベントの一つでもあります。それだけに、新年をきっかけに今年こそは!と意気込みや決意をする女性も多いもの。結婚を考えるパートナーがいる人もいない人も、何かしらの働きかけを実践しようと考える人が多いようです。

貯金

『25歳で貯金10万はヤバいと言われて今年から貯金する事を目標にしました。とりあえず月1万から2万でも貯金できればと考えてますが、出費も多いので節約できるできそうなものを見直すところから始めたいと思います』

『去年結婚したので、今年からはマイホーム購入を目指すべく貯金に励みます。共働きで今のところまだ子供はいないものの、妊活中でもあるので子供ができる前に夫婦で年間200~300万は貯められるようにしたいと考えています』

『今年の抱負は貯金です!というのも、3年後に世界一周の旅に出たいので、それまでにしっかり稼いでしっかり貯金して資金を貯めていこうと計画しています。とはいえ、今の仕事だけでは少し心許ないので、ダブルワークで稼げるように単発のバイトや知り合いのお店の手伝いなどで収入を増やしていきます』

貯金も新年の抱負として挙げる人は多いでしょう。今まで貯金が出来ていなかったから、将来の目標や夢のため、など人それぞれの理由がありますが、新年の抱負として掲げる事で意志が固まりやすく実現しやすくなるはずです。

自分磨き

『お酒好きで暴飲暴食に夜更かし。休みの日は寝不足と二日酔いで目が覚めてダラダラと無駄な時間を過ごす一日。こんな自堕落な生活を送っていましたが、今年は自分磨きのために規則正しい生活をしたいと思ってます。まずはお酒を控えて二日酔いにならないようにする。休みの日はジムなど健康的に過ごせる場所へ出かける。こういった事から実践していけたらなと思ってます』

『ダイエット!意志が弱くてこれまで何度も失敗してきたけれど、今年こそダイエットしてマイナス5kg痩せる!とりあえずお正月から毎日2kmのジョギングと糖質制限の食生活を送って頑張ってる!』

『資格を取ってスキルアップを目指します。目指している資格は公認会計士ですが、仕事と学業の両立は正直大変です。それでも資格に合格できれば、キャリアアップも望めるので頑張って資格合格を目指したいと思います』

『モテ期が来るように今年は女子力を磨いていきます!これまであまり女性らしい格好にはこだわってこなかったのですが、今年はメイクやファッションに気を遣ったり、他にも料理の勉強もしていけたらいいなって思ってます!』

今までの自分を一新したい。そんな女性も少なくありません。生活習慣や見た目に内面、キャリアアップなど人によって様々な憧れの形がありますが、新年に決意を固める事で、理想の自分に変身したいという願望を追求する気持ちがより高まるでしょう。

趣味の充実

『私は飽き性で趣味を見つけても数ヶ月で飽きてしまうのですが、今年は長く没頭できる趣味を見つけたいと考えています。今はアクセサリー作りにハマってるので、ただ作って満足するだけではなく、フリマやネットアプリで販売してみるなどして、趣味が実益にもなるようにできるのが理想です』

『子育てが大変で自分の趣味は後回しにしてきましたが、子供も段々大きくなってきたので、今年は自分の趣味も優先していけたらというのが抱負です。子供が生まれる前はゴルフが趣味だったので、久しぶりに打ちっぱなしへ行ってみたいですね。ゆくゆくは子供とも一緒に練習をしたりコースを回ったりと楽しめるようになりたいです』

『ドライブが趣味の私。去年は仕事が忙しくて全然遠出出来なかったので、今年こそは長期休暇を取って車で旅行へ出かけたいです。できれば車で北海道一周して、グルメ旅や観光スポットを周りたいなぁ』

社会人になると仕事が忙しくてなかなか趣味に時間を割けないという人もいるでしょう。また、多くの女性は子供が生まれると子育てが中心となり、趣味を休んでいるという人も多いものです。新年をきっかけに今年こそは趣味を充実させたい、趣味を復活させたいと考える女性は、その願望を実現するためにも事前に計画を立てておくと良さそうですね。

出会いを増やす

『女性が圧倒的に多い職場なので全然出会いがありません!最近合コンに誘われる事もめっきり少なくなったし…今年こそいい出会いを見つけたい!なので、積極的に一人で飲みに出かけたり、社会人サークルに参加してみようと思います!イケメンで優しくて趣味や価値観の合う男の人との出会い、見つかればいいな!』

『もう何年も彼氏がいません。正直寂しいし、毎日が退屈です。こんな生活を変えたいので、今年こそは素敵な出会いに巡り会いたいです。友人が去年、マッチングアプリを通じて知り合った人と付き合う事になったらしいので、私も利用してみようかなと思い、新年早速登録してみました』

『今の私は視野が狭いと感じているので、いろんな人との出会いを増やして人脈を広げたいです。色々な価値観の人と出会い、触れ合う事で、私自身のポテンシャルを高められたらって。名刺交換会や異業種交流会に参加したり、SNSを活用するなどして人との繋がりを増やしていこうと思います』

新年を機に新たな出会いがほしい、フリーの女性なら誰もが考える事ではないでしょうか。また、人脈作りを目的とした出会いを求める人もいるようです。年明け早速、マッチングアプリに登録した、という女性もいるくらいですから、新年の目標として気持ちを固める事で行動力がアップするのかもしれませんね。

 

新年こそ今年の目標を定めるのにピッタリ

女性が胸に秘めている今年こそしたい願望を5つ紹介しました。
共感できる願望はあったでしょうか?新年はその年一年の目標を決めるのにピッタリ。まだ、今年こそやりたいと思う願望が見つかっていない方はこれを機に是非探してみてくださいね!

貴方の好きな色は?色でわかる性欲判断!!

貴方の好きな色は何ですか?実はこの質問で、貴方の性欲傾向がわかってしまうのです。
では一体、自分はどのような性欲傾向をもっているのか、好きな色からチェックしてみてください。

赤色


赤色はエネルギッシュな色。赤色を好む人は、個性的で情熱的。また、リーダーシップを取るのも好きで他人を引っ張っていく力があります。そのため、性に関しても積極的で、自ら男性にアプローチしていくタイプです。
また、セックスでは男性をリードしたいと考える傾向にあります。どちらかというとSっ気のある女性が多いといえます。

オレンジ

オレンジは温かみのある色。この色を好む人は社交的で誰からも愛される人柄です。
しかしその心理は一人でいるのは寂しい、誰かと一緒にいたいという思いから。寂しさを紛らわせるために一晩限りの恋を経験する人も少なくありません。

青色

青色は寒色といって、冷たさを感じさせる色。冷静でクール、知的といった印象を人に与えます。それゆえにこの色を好む人は、人からそのように見られたいという願望をもちがちです。
性欲においても控えめで自分からは積極的に男性を求める方ではありません。ただし、知的好奇心はあるので本やネットで性に関する情報を集めるのは好き。耳年増タイプといえるでしょう。

黄色

黄色は明るさが際立つ色。この色を好む人は明るく社交的で天真爛漫な性格をもつ人が多いです。
おしゃべり好きで周りを楽しませたいという願望も強い事から、セックスにおいても会話を楽しみながらしたい傾向にあります。
どちらかというと、セックスそのものよりもベッドの中での睦言を楽しみたいタイプです。

紫色

紫はその昔、貴重な色だった事もあり、身分の高い人だけが身につける事を許された色でした。そのため、今でも紫には高貴さや高尚さを象徴します。そんな紫色を好む人は性を崇高なものと捉える傾向にあり、自分から肉欲を求めるような事はあまりありません。
とはいえ、紫色を構成しているのは、エネルギッシュな赤色と、クールな青色。性に対して全く積極性がないわけではなく、クールさの内に秘めた情熱を見え隠れさせるのが上手。
紫色に神秘的なイメージを持つ人も多いですが、それはこの「赤」と「青」という相反する二面性を持ち合わせているからといえるでしょう。
好きになった相手にも自分からはアプローチせず、向こうからアプローチしたくなるように仕向けるのも紫色が好きな人の特徴です。

緑色

緑は自然を象徴する色で人を癒やしたり落ち着かせる効果があります。この色を好む人は誰かを癒やしたい、あるいは自分が癒やされたいと感じている人が多いでしょう。
肉欲的な性欲はあまりなく、どちらかというと好きな人とまったりとした時間を過ごしたいと考えるタイプです。スキンシップとしてマッサージを取り入れるのもこの緑色が好きな人の特徴といえます。

ピンク

女性らしい色といえばピンク。男性でピンクが好きというとソッチ系?と思われてしまいかねないほど、ピンクは女性的なイメージが強くあります。そんなピンクが好きな人は、女性としての魅力を全面的にアピールしたいタイプ。自分のセックスアピールポイントを熟知していて、それを使って男性を誘います。
また、子供っぽく、ロマンティックな一面もあるので、好きな男性とは常に一緒にいたいとワガママになってしまう事も。適度なワガママは可愛さもありますが、度を過ぎると煩わしくなるので気をつけましょう。

茶色

茶色はアースカラーの一つでもあり、自然の安らぎを感じさせる色です。特に、土台となる土や大地をイメージさせるので、安心感、安定感といった印象をもつ人が多いでしょう。
この色を好む人は、責任感が強く、周りから信頼される立場にある事もしばしば。かといって、リーダーシップを取りたいかというとそうではないので、どちらかというと縁の下の力持ちタイプ。
恋愛的な面から見ると、好きな男性を立てて見えないところで支える、という女性が多いです。
最初は人見知りな一面もありますが、一度心を許すととことん尽くすタイプなので、セックスにおいても男性に喜んでもらえる事を一番に考えてしまう部分があります。

黒色

黒色には重厚感を与える効果があります。また、近寄りがたい印象を与えるのも黒色です。
この色を好む人は一人を好み、人と関わるのが苦手。内心好意を寄せている相手にも冷たく当たってしまったりする事もありますし、わざと遠ざけてしまうような事もあるでしょう。
とはいえ、一度受け入れた相手に対しては盲目になる傾向があります。この人のためなら何でもしたいと、ある意味、恋の奴隷になってしまう場合もありえます。

白色

白色といえば、ウェディングレスにも代表されるように、何色にも染まっていない清純さを印象づける色です。
何色も混じっていない白色を好む人は完璧主義で正義感が強い、そして人を信じやすい素直なタイプといえます。
恋愛に関しては理想が高いのでなかなかお眼鏡に適う相手が見つからないという人も多いでしょう。潔癖な一面もあるので、セックスを汚らわしいと感じてしまうと受け付けない、できればしたくないという人も少なくありません。

灰色

灰色は白と黒の中間層にあり無彩色です。白でもない、黒でもない、という事から曖昧な物事をグレーゾーンと呼んだりしますが、この灰色(グレー)を好む人もどちらかというと優柔不断でどっちつかずな傾向があります。
自分を主張する事があまりないので、恋愛においては男性に流されがち。受け身傾向でもあるので、セックスにおいてはMっぽい振る舞いをする女性も多いでしょう。

金色

金色はその名の通り「金」を表す色。ゴージャスできらびやかといった印象を与えます。この色が好きな人は華やかで自分が目立つ事が大好きです。自分が主役だと考えている人も多く、恋愛においてはちやほやされたいという願望を抱きやすいタイプ。また、高級志向でもあり、男性のステータスも重視する一面もあるでしょう。
あらゆる面で男性に奉仕をさせる事で、自分の存在価値を見いだす喜びとなります。
ただし、ただのメッキでは男性も離れていきますので、自分自身も磨いて、価値を高める努力をする事が大切です。

銀色

銀色は美しく幻想的な印象を与えます。そんな銀色を好む人は現実より理想の世界に浸りやすい傾向があります。
それゆえに、白馬の王子様を夢見ているという女性も少なくありません。現実的な恋愛よりも、理想の男性像との妄想で満足してしまえるタイプといえるでしょう。

色彩での性欲診断、いかがだったでしょうか。当たっているポイントはあったでしょうか。

もし、理想の自分と現実の自分に大きな隔たりがあると感じている人は、この色彩診断を利用して、自分を変える事も可能です。
自身が理想としているイメージの色を普段の服や小物、部屋のインテリアに取り入れてみましょう。そうする事で潜在意識が変化し、自然とその色らしい性格や振る舞いができるようになる事も。

また、意図的に任意の色をファッションなどに取り入れる事によって、他人に与えるイメージをコントロールする事もできます。
例えば、気になる男性が情熱的な女性が好きなら赤色、清楚なタイプが好きなら白色、という風に好きなタイプの女性のイメージカラーを取り入れる事で、相手の好みのタイプを演出し、好意をもってもらいやすくなるのです。

自分を変えたい、意中の男性に好意的に思ってもらいたい、と思う人は是非、この色彩診断を活用してみてくださいね!

今日は勝負!そんな時に食べたい物ランキング!女性編

デートにおいてパートナーと一緒に食事をするのはデートプランの定番中の定番です。
特に、今回はもしかしたら最後までいくかも…そんな予感と期待を抱きながら臨むデートでは、どんな食べ物をチョイスするかも大切になりますよね。

そこで今回は今日は勝負!という日に食べたい物をランキングにしてみました。

第5位:鍋料理

『二人で一緒に鍋をつつき合える関係になるとより親密になれる気がする。食べると体が温まるし火照ってくるので、そのまま何かいい感じになる。冬にいい感じの男性とのデートするなら、鍋ものがテッパンと思ってるので、しゃぶしゃぶや水炊き、もつ鍋など、いくつかお店のレパートリーを準備している』

『“今日は家で鍋にしない?”と誘われるとドキドキしちゃいます。スーパーで“コレ食べたい、アレも入れよう”など一緒にお鍋の材料を選ぶのも、カップルしてるなって気分になって嬉しくなっちゃうし、今日はこのまま家でラブラブな関係になるんだろうな…って期待しちゃいます』

5位には冬の定番、鍋料理がランクインしました。鍋料理は具材を取り分けてあげたりとスキンシップも図れるだけに、親密度アップは間違いナシ。
また、家でのお鍋デートであれば食材の買い出しといった過程でも仲を深め合えるのが嬉しいポイントです。

第4位:パスタ

『パスタが一番無難かなって思います。適度にオシャレだし、かといって堅苦しくもないし。デートの雰囲気を壊さない料理といえばパスタかなと思いました。それだけにファミレスのパスタとかじゃなくて、イタリアンダイニングのパスタが食べたいです』

『ちょっと変なこだわりかもしれないですが、パスタを上手に食べられない人とはエッチしたくないなって。スプーンを使ってクルクルするのはまだOKなんですけど、上手く巻けなくてラーメンみたいに食べる人や、ズルズル音を立てて食べる人、パスタを途中で噛みちぎってボトボトお皿にパスタを落とす人はちょっと無理。なので、エッチするかも…って時はパスタを食べに行ってその人の食べ方で判断するようにしています』

4位にはパスタという意見が入りました。
雰囲気を大切にしたいという女性にとってはパスタは気軽なおしゃれディナーとなるようで、その後のアダルトな雰囲気を作りやすいと考える人も多いようです。
また、パスタの食べ方で深い関係になっていいかどうかを判断するという人も。
その他にもお互い好きなパスタを頼んでシェアしながら食べるのも関係性が深まりそうですね。

第3位:お寿司

『男性とのデートにカウンターのお寿司屋さんっていいなって思います。大人のデートって感じで、その後ホテルへ行く雰囲気になっても素直に受け入れてしまうと思う』

『お寿司を食べながら日本酒を飲んで。ちょっとほろ酔いになったところでエッチな流れに…って事がよくあります(笑)ちなみに回転寿司じゃないですよ。目の前に職人さんがいて握ってくれるようなところです。そういう所は店内も騒がしくないので、落ち着いて話が出来るし、気分が高まりやすいっていうのもありますね』

3位は和食の定番、お寿司が入りました。
お寿司=大人の雰囲気、落ち着いた場所といった点が勝負を期待する女性にはピッタリのようです。また、普段行かない場所という特別感も女性の感情を高ぶらせるのではないでしょうか。
それだけに、回転寿司ではちょっと違う…と感じる女性が多く、お寿司といってもお店選びが大切のようですね。

第2位:スイーツ

『一緒にスイーツを食べてくれる男性が好きなので、スイーツブッフェデートをして“この後どうする?”ってなった時、“おなかいっぱいだしどっかで休憩しようか”みたいな感じでホテルへ行く。最初はおなかいっぱいで二人でまったりするんだけど、そのうちどちらからともなく求め合ってしまいたい』

『私だけかもしれないですが、甘い物でおなかが満たされると幸せな気分になってイチャイチャしたくなってしまいます。ちなみに理想のシチュエーションは、家でソファに並んで座ってコンビニスイーツを食べる事。食べさせ合いをしながら、そのままいい雰囲気になってキスしてエッチの流れに…ってなるのがベストです』

2位はスイーツでした。甘い食べ物は心も甘くする、という感じでしょうか。スイーツ=カワイイというイメージがあるので、幸せそうな表情でスイーツを食べている姿を見せる事で、自分自身の可愛らしさを演出でき、男心をそそる事が可能です。

ちなみにスイーツの定番でもあるチョコレートには催淫効果があり、昔は媚薬としても使われていたとの事。スイーツにチョコレートを取り入れる事で、よりエッチな雰囲気を演出できるかもしれません。

第1位:肉

『これからそういう関係になるぞ、っていう時はやっぱりお肉が食べたい!理由はわからないけれど、本能が求めてる感じ。自分も積極的になれる分、男性もその気になってくれやすい。最近肉バルが増えたので、こっちからデートに誘いやすいのも嬉しい』

『肉の食感って人の肌の感触に似てますよね。同じ肉なので当たり前といえば当たり前ですが。それを口の中で噛みほぐして、舌で転がし、飲み下す。この行為はまるで目の前の彼に触れる予行演習をしているよう。と考えると、途端にムラムラしてきます。こうして肉を食べながら自分の気分を高める事で、上質なセックスが得られるのではないかと思っています』

1位は肉、という結果となりました。
これも、色々な意味で肉食系女子が増えているという現れでしょうか。
理由はわからないけれど肉を食べると気持ちが盛り上がるという人が多く見受けられました。
肉にはアラキドン酸という必須脂肪酸が含まれており、これは脳内で「アナンダマイド」という物質に変化するそうです。この物質は「至福物質」とも呼ばれており、多幸感や高揚感をもたらすとの事。
もしかすると、この多幸感や高揚感が性欲に結びつくのかもしれまんせんね。

また、肉と相性のいい赤ワインにはチョコレート同様、催淫効果があると言われているので、肉と赤ワインをマリアージュさせる事で、さらに気持ちが盛り上がるかもしれません。

番外編

今回紹介したランキングには入らなかったもののこんな意見もありました。

ドリア

『私の大好きなドリアを料理上手な彼氏に作ってもらいたい。そして“あーん”って食べさせてあげたい。その時、口の端についたソースをぬぐってあげると急にキスされて抱きしめられて、ドキドキしながら私も彼を抱きしめて…こんなドラマみたいなシチュエーションで彼氏と一緒に過ごしたいです』

カレー

『私の得意料理、カレーで勝負です!家に呼ぶ口実もできるし、料理好きな私もアピールできて一石二鳥!今日は勝負!という時は、自分の手料理を振る舞うのもアリじゃないかなって思ってます!』

激辛料理

『汗だくになって激辛料理を食べると、爽快感と達成感を得られるのですが、これってなんとなくセックスに似ているような気がして。そんな激辛料理を彼と一緒に食べる事で、一気に距離が縮まりその後実際のセックスにも持ち込みやすいかなと思ったりしてます』

女性はおなかが満たされると性欲が高まる

とある研究結果では、女性は空腹時よりも食事をした後の方が脳の神経が活性化され、性的な事に反応しやすくなる事が確認されています。
それだけに女性にとって、食事とセックスは密接な関係があるのです。
より官能的な時間を楽しむためにも、自分なりの勝負フードを探してみてくださいね!

どんなキスが好き?シチュエーション別好まれるキスのパターン

大好きな彼や気になっている人からのキス。こんなシチュエーションでされたらドキドキが止まらない…!というような理想的なシチュエーションは女子なら誰でも一つはもっているものですよね。
とはいえ、意外と友人同士でこういった話をする事は少ないもの。

という事で今回は、世の女子達が抱く理想のキスのシチュエーションについて調査してみました!
一体どんなパターンがあるのか、詳しく見て行きたいと思います!

イルミネーションでのキス

『十数年前に片思いしていた男性と偶然再会して、一緒にご飯を食べに行く事に。懐かしい気持ちはありましたが、当時のような恋心はもう一切ありませんでした。けれど、食事の帰りにたまたま通ったイルミネーションがあまりにも綺麗で、“綺麗だねー”なんて話ながら歩いていたらお互いいい雰囲気になってしまって。立ち止まったタイミングでキスされました。イルミネーションの光に照らされる彼の顔が一段と素敵に見えてドキドキ。イルミネーションマジックってすごいなと思いました』

 

『付き合う前の彼と一緒に有名なイルミネーションスポットへ行った時の事。イルミネーションの場所に入った瞬間から雰囲気が変わる。ファンタジーの世界へやってきたようなロマンティックな気持ちになって一気に気持ちが盛り上がる。こういう所に連れて来たって事は向こうも今日、進展させたいと思ってるのかなと思うと、ドキドキが止まらなくて。しばらくスポットを散策している合間に告白されて、OKした後、チュってキスされちゃました。私の中で今までで一番キュンとなったキスのシチュエーションでした』

 

イルミネーションというロマンティックな雰囲気でのキスはやはり女性としては胸キュンもの。十数年ぶりの恋心ですら呼び覚ますようです。また、今日は告白するぞ!という時のデートにもピッタリのようですね。

 

「おはよう」のキス

『朝、私の方が早く目が覚めてしばらく彼の寝顔を見ていたら、彼も起き出して“何見てんの”って頭を抱きしめられて引き寄せられた瞬間にキスされたい。その後、彼の腕の中に閉じ込められて、何度もチュッチュッって感じの軽いキスを繰り返されたい。こんな彼、私にもできるかなー』

 

『同棲中の彼は、毎朝起きたら必ずキスしてくれます。毎日の習慣で当たり前のようになっているけれど、逆にそれが嬉しい。彼の事が大好きなので、こうして当たり前の事が当たり前のように出来るのが、私にとっては幸せで、毎朝胸が高鳴る瞬間です』

 

朝起きての「おはよう」のキスは甘い時間を感じさせるもの。そのため、「おはよう」のキスに憧れる女性も多いみたいですね。また、毎朝の日課となる事で「当たり前の幸せ」を感じられる女性もいるようです。

 

不意打ちのキス

『前々から気になっている彼。気持ちは伝えた事はないけれど、何度も目が合うし、きっと向こうは私がいつもチラチラ見ている事に気づいてる。そんなある日、またいつものように彼を見ていたら、目が合った。そして、彼はこっちへ近づいてきて私の顔の前に顔を寄せる。突然の事でビックリしたけれど、鼻筋が綺麗だなとか、唇の形がいいなとか見ていたら、不意にキスされた。“今、キスしたいって思ったでしょ?”って心の中を見透かされたように笑われて思わず“思ってない”と答えるけれど“思った”と言い返されて…と、こんなシチュエーションに大いに憧れます!』

 

『趣味の集まりの中で知り合った10歳年下の男性。恋愛対象ではありませんでしたが、共通の趣味があったので、一緒に遊びに出かけたりご飯を食べに行ったりする仲になっていました。何度目かのお出かけの後、その日も一緒にご飯を食べて解散となった時、“家まで送ります”と言われました。私の家はすぐ近かったので、何かのついでかなと特に気にせず“ありがとう”と言って送ってもらったのですが、家の前に着いた別れ際に唐突にキスされました。“可愛かったから”と言われたのですが、10歳年下の恋愛感情もない男性相手でも唐突にキスされたらときめいてしまうものですね』

 

不意打ちのキスも女子の心を鷲づかみのシチュエーション。今まで恋愛対象ではなかった相手でも不意打ちのキスで思わず意識してしてしまうという女性も少なくないようです。

 

観覧車でのキス

『もうすぐてっぺん、そろそろかな、そろそろかな…と待っている自分もいる。てっぺんに到着する直前に彼と二人で見つめ合って…ちゅっ。そんなシチュエーションが好き。特に夜、夜景を見ながらのキスは大好きです。なので、付き合った人とは必ず1回は観覧車に乗ります』

 

『透明なかごという空間に二人きりというシチュエーションがドキドキします。前後の人から見えてしまうかもしれないと思いつつ、二人きりの空間に浸りたい。そんな葛藤の中でするキスって萌えポイントです』

 

観覧車もキスのシチュエーションとしては王道です。デートコースの定番でもあるので、男女ともに誘いやすいというのも嬉しいポイントといえるでしょう。女子としては特に夜の観覧車にムードを感じるので、誘うなら夜が狙い目です!

 

エレベーターの中でのキス

『彼氏とラブホに行った時。部屋まで待ちきれずにエレベーターの中でキスしたのがすっごく興奮しました。彼氏とはなかなか会えないので、一秒でも二人きりでいられる時間を大切にしたい。そんな思いを二人で共有できたような瞬間でした』

 

『もしかしたら誰かが乗ってくるかもしれない。そんなシチュエーションでのキスがドキドキします。このスリルが苦手な男性も少なくないので、一緒に楽しんでくれるような人と出会えたらいいなぁ』

 

スリリングなキスが好きな女子はエレベーターの中でのキスというシチュエーションに萌えるようです。確かに、誰かに見られるかもしれないという中でのキスは興奮度がアップしますね。
ただ、実際に見られるとしらけてしまいかねないので、キスのタイミングや長さには注意が必要です。

 

職場でのキス

『今、職場恋愛中なのですが、わざと休憩室で二人きりになるような状況を作ってキスしてきます。誰かに見つかったらマズいから…というものの、職場の誰かに見られるかもしれないというスリルに少なからず興奮している私もいて…ついつい流されてしまいます』

 

『彼とは職場の屋上でよく一緒にランチするのですが、周りに人がいるのに自然なスキンシップをするかのようにキスされます。濃厚なのではなく軽いキスですが、昼休みとはいえ仕事中なのにと思うと、恥ずかしい反面、仕事中でも私を想ってくれてるんだなってキュンとなります』

 

職場恋愛をしている女子にとって、職場でのキスというシチュエーションはドキドキするもの。職場によって、どこまで許されるのかというのはありますが、一度くらいはこっそりキスしてみたいものですね!

 

ベッドでのキス

『やっぱりベッドでのキスが一番!お互いを求め合うように夢中になってキスして、そのまま致してしまうのが一番ドキドキする』

 

『私の彼は普段物腰柔らかくて、中性的で、あまり性欲的なものを感じないのですが、ベッドインすると急にスイッチが入るみたいで、すごく長いキスをされます。その時の表情も普段見る事のない、オスの顔になっていて、ギャップですごくキュンキュンします。同時に、こんな彼の姿は私しか知らないんだろうなと思うとすごく嬉しくなります』

 

ただ夢中になってキスを求め合う。そんなシチュエーションが好きな女子にはベッドでのキスが最も好まれるようです。男性の本能が見られるのもベッドの中。普段とのギャップを感じたいという女性にとっても、ベッドでのキスはドキドキするものみたいですね!

 

理想のキスについてシチュエーション別で紹介しました。いかがだったでしょうか。共感できるものはありましたか?
女性を喜ばせられるキスがしたいという男性の方々は、参考にしてみてくださいね!

こんなシチュエーションは嫌!デートにおけるNGな状況5選

気になる人とのデートとなると、一気に関係を縮められるチャンスなだけに、期待に胸を高鳴らせてしまうもの。
いつも以上に念入りにメイクをして、洋服にも気を遣って…と、女性としての最高のコンディションで臨む人も多いのではないでしょうか。

それだけに、そのデートがあまりにお粗末なものだとガッカリ感が半端ないですよね。

という事で今回は100年の恋も一気に冷めてしまったデートのシチュエーションを5つ紹介したいと思います。

服装がものすごくダサい

『同じ職場の男性と休日デートする事に。これまで、仕事帰りに一緒に食事へ出かけたりなどする中で素敵な人だなと思っていただけに、休日デートはすごく楽しみでした。もしかしたら同僚以上の関係に発展したりするのかな…なんて期待もあったのですが、いざ待ち合わせ場所に着いたら目が点に…なんと、“蛍光緑のシャツに蛍光ピンクのヒョウ柄ジャケット”で待っていたのです。職場ではスーツなので、彼の服のセンスは盲点でした。引き返すわけにもいかず、そのままデートに出かけたのですが周りの人の視線がとても痛かったです。体調がイマイチと嘘をついて早めに切り上げました。その後、彼とは職場帰りのお付き合いならたまにするものの、プライベートで遊びに行く事は一切ありません』

『前々からなんとかってアニメが好きっていうのは聞いてたけど、初めてのデートで何でそれ着てくるの?鞄を覆ってるその無数の缶バッジは何?普段はユニクロ系だけど、シンプルで良かったのに何で?これが勝負服だと思ったの??って感じで一気に冷めた。アニメが好きなのは別に気にならないけれど、全身アニメの男はちょっと無理』

このように、男性の服装のセンスが理由で気持ちが冷めてしまう女性も多いようです。
男性の服装のセンスは彼女の手で変える事が出来るとは言いますが、そもそもの初デートが水に流れる程のレベルになると残念としか言いようがありません。

初デートは奇をてらったり、自分の趣味を全面に出したものではなく、シンプルな服装が一番無難と言えそうです。

デートの場所がパチンコ店

『いいなと思っていた人との初デートがパチンコ店でした。私はあまり興味がなかったけれど、行った事もないので、どんな所かな?というちょっとした好奇心から誘われるがままについて行ったのですが、それが間違いでした。カップル席っていうところに座ったのですが、私は全然ルールもわからないし、タバコ臭くて気持ち悪くなるしで本当に最悪です。おまけに3万くらい負けたとかでその後終始不機嫌な感じだったので、早々に帰りました。デート前はオシャレもして楽しみにしていただけに本当にショックでした。でも深く付き合う前に彼の本性が分かっただけでもよかったかなと思うようにしています』

たとえその場所が正直あまり面白いとは言えない場所でも、二人で一緒にいられれば嬉しい、と感じられるようなシチュエーションであればそこまで気にしなくてもいいかもしれません。
しかし、パチンコ店で自分一人だけの世界に入って台とにらめっこしているようなシチュエーションでは女性はしらけてしまいます。

また、ギャンブル好きという時点で女性は一歩引いてしまうもの。基本的にデート場所としては相応しいとは言えません。
例外的に女性側から行ってみたいと言われた場合にのみ連れて行くに留めておくのがよさそうです。

バースデーデートなのに食事がファストフード

『誕生日デートという事で楽しみにしていたのに、牛丼屋さんでお祝いされた。“普通のデートならこれでもアリかなって思うけれど、誕生日にこれはない”って言ったら“今日は奢りだろ!”って逆ギレされて大ゲンカに。泣きながら帰った。こんなデートなら、ケーキを買って家でまったりお祝いしてもらえる方がよかった。ちなみにこの出来事がキッカケで別れました』

『誕生日にご飯ご馳走するからってマック連れて行く奴なんなん?10代の学生ならまだ分かるけど、お互い20代後半ですけど?おまけに“彼氏いないって言ってたから寂しいかなと思って”って上から目線もなんなん?極めつけに“俺も今フリーだから付き合ってみる?”とか、キモい!キモい!キショい!!!口に含んだコーラ顔面に拭いたろか思ったわ!!』

女性にとって誕生日は一年に一度の特別な日。そんな日に食事デートをするという事は、普段よりワンランク上の食事を期待してしまうもの。それがファストフードとなるとガッカリ感は否めません。
それに誕生日デートとなると、雰囲気も大切にしてほしいと思うのが女心。金銭的に余裕がなくても真心がこもっていると感じられるようなシチュエーションであれば女性も嫌な気分はしないものです。
しかし、安くて簡単に済ませられるという理由からファストフードでの食事デートとなると、自分に対しての愛情や誠実さが欠けていると感じる女性も多いでしょう。

いきなりホテルへ誘う

『よく考えたら待ち合わせ場所の時点で気づくべきだったかもしれません。初めてのデートで彼が指定した待ち合わせ場所はホテル街の近くでした。私のイメージではまずどこかでご飯を食べて、2件目で軽く飲んで、その後は成り行きで…みたいな感じになるのかなと考えていたのですけど、彼が向かうのはホテル。思わず“えっ?なんで?”と聞くと“ホテルの中でも食事できるし、あちこち歩き回らなくていいじゃん”という返答が。“無理!無理!無理!!”と走って逃げました。初デートでいきなりホテルに誘うのってあり得ないです。さわやか系の男性でいい感じだったのにすごくガッカリ!』

『私の知り合いでデートもそこそこにすぐラブホへ誘う奴がいる。身近でも手を出すような奴だから、周りの女性陣には避けられてるんだけど、ソイツの口癖は“前の彼女はOKしてくれたよ”じゃあなんでその彼女と別れたの?ってツッコミたくなる。というか、一度聞いた事があるけれど、はぐらかされた。多分、愛想尽かされてフラれたんだろうなー』

長年の付き合いであればラブホデート、というのもアリですが、初デートで早々にラブホへ誘うというシチュエーションは女性としてはNGな行為だと感じる人が大多数。少なくとも遊び人というレッテルを貼られる事は間違いないでしょう。

元カノが働くレストランへ連れて行く

『付き合い始めた彼とのデートで連れて行ってもらったレストラン。すごく素敵なお店だったのだけど、店員の女性と妙に親しげなのが気になりました。もしかして、店員の女性の事が好きなのかな…?でもだとしたら私と付き合わないだろうし、そもそも私を連れてくるはずがないだろうし…とモヤモヤ。そんな私の女の勘は的中しました。実は、この店員の女性は彼の元カノでした。他の店員さんの話などから推測して直接彼に聞いたところ“元カノ”だと言われたのです。それを聞いて私は一気にテンションが下がり途中で帰ってしまいました。デートに元カノが働くお店に連れて行くのって本当にデリカシーがないなって思います。その後、彼に“お店に連れて行ったのは元カノがいるからじゃなくて美味しいお店でオススメだったからだ”と言われて今回は許しましたけど、2回目はナシです』

これは男性が無自覚でやってしまうシチュエーションかもしれません。元カノにもう未練はなかったとしても、今の彼女からするといい気分とは言えないもの。

少数派とはいえ他意がなければこういったシチュエーションを許せる女性もいるので、一概には言えませんが、今カノと元カノがバッティングするような場所でのデートは避けるのが賢明と言えそうです。

女性が嫌だと思うデートのシチュエーションを5つ紹介しました。どれも女性なら「わかるー」となるだけに、男性としては気をつけたいもの。
男性の皆さんは「今後この人とのデートはナシ!!」と思われないようなシチュエーションを意識してみてくださいね!

最初に触れたい体の箇所は何処?女性の意識調査

好きな人、好きになった人に触れたい。こんな気持ちは男女問わず誰にでも芽生える感情ではないでしょうか。

しかし、一番最初に触れてみたい箇所というのは人によって違うと思います。女性は好きな男性のどの部分に最初に触れたいと思うものなのか。今回は500人の女性にアンケートをとって意識調査をしてみました。

女性は好きな男性のココに最初に触れてみたい!

このアンケートで最も多かった意見が「手」でした。

『好きな男性がいたらまず手に触れたいです。というか、手以外の場所ってハードルが高すぎて考えられません。手ですらドキドキするのに…』

『手に触れて受け入れられたら脈アリかなって思えるし、少なくとも私の思いは伝えられるかなって思うので、気になる男性にはさりげなく様子をうかがって手に触れるチャンスを作るようにします。まあ避けられると悲しいんですけど』

『好きになり始めのデートで時折手同士が触れる感じがすごく好き!!手を繋いでもいいのかな、どうしようかな…?ってドキドキしながらデートしたい!最終的に手を繋いだ時の幸せ感は半端ない!!!』

手は男性の体の中でも触れやすい場所。触れる事で相手に気持ちを伝える事ができたり、逆に相手の気持ちが分かる事もあります。
また、手に触れたり、繋いだりする行為にはリラックス効果や幸福感を高める働きがあります。そのため、好きな男性の手に触れる事で、幸せな思いで心が満たされる、癒されるといったメリットがあります。

『ハンドマッサージが得意なので、いいなと思った男性にはマッサージにかこつけて手に触れちゃいます。男性って女性に手を触れられる事でそれまで意識してなくても急に気になったりする人も多いようで、マッサージした後はほぼ100%いい雰囲気になれます』

と、中にはリラックス効果や癒やし効果を利用して、男性の心を思いのままに操る小悪魔女性もいるようです。

手の次に多かったのが「腕」という意見。

『腕だとさりげないボディタッチでスキンシップが出来るので、この人好きだなって男性には意識的に腕触れるようにしています。何回もするうちに男性からもボディタッチしてくるようになったら、私に好意をもってくれたんだなっていうバロメーターにしています』

『“2件目行こー!”“今日はカラオケ行こー!”みたいなテンションでリードしながら勢いに任せて腕を組むと男性も抵抗なく受け入れてくれる。私はFカップあるので、その時好きな男性にはさりげなく胸を押しつけたりもする』

気軽なスキンシップの手段として腕にタッチする人も多く、さりげなく好意を伝える事ができるので、好きな男性に「この子は脈アリかな?」と思わせる事ができます。
また、腕同士を組む事で手を繋ぐよりも密着度が増すので、フレンドリーさを装いながら男性をドキドキさせる事も可能。特に胸の大きさに自信のある女性なら胸を押し付けてアピールするという強者もいるようです。

他にも、

『二の腕筋肉フェチなので、気になる男性の腕は真っ先にチェックしたいです。私の場合、正直に“私、二の腕フェチなので触らせてもらっていいですか?”って聞いちゃいます。筋肉に自信のある人は戸惑いなく触らせてくれるので、断られた事はありません。実際にそれがキッカケで付き合った人も何人かいましたよ!』

といったように、フェチだから触ってみたいという女性も結構多くいました。ストレートにお願いしても応じてくれる男性は少なくないみたいですね。

顎のライン

意外に多かったのが「顎のライン」という意見です。

『顎のラインがセクシーな男性が好き。シャープで顎の先がほんの少し出ているともう完璧。そんな男性を見ると思わず顎のラインを触りたくなってしまう』

『少し髭が伸びてきた顎のラインを触った時のザラッとした感触が好きです。特にあまり体毛が濃くなさそうな男性に髭の感触を感じると、途端に“オスらしさ”を実感してドキドキしちゃいます』

このように男性の顎のラインが好き、という女性は結構多いよう。また、髭という男性の象徴に触れる事で、セクシャリティなときめきを感じる女性もいるみたいですね。
普段、清潔感のある男性の無精髭にギャップ萌えするというの女子のあるあるですが、触ってみようとなるのはかなり積極性のある女性ならではといえるでしょう。

好きな男性の「唇」に最初に触れたい。そんな積極的な女性も一定数いました。

『好きになったらやっぱりキスしたくなります。なので目当ての男の人がいたらキスしたくなるようなシチュエーションを仕向けます。例えばデートの時は少し顔を近づけながら目を見つめたり、酔ったフリをしながらキスを迫ったりしちゃいます』

『好意を寄せている男性の唇、無性に触りたくなります。でも意味もなく唐突に触れるのも変なので、一緒に食事をする時に“ソース付いてるよ”“ケチャップ付いてるよ”とか適当に嘘ついてしれっと触ります。これをすると男性は急に意識してしまうみたいで、今まで私にあまり興味がなさそうだなという男性とでも、一気に距離を縮める事ができます』

唇は日常生活の中で目にする最も性的な場所と言えます。それゆえに、好きな人の唇に最初に触れたい。こうした願望をもつ男性は多そうですが、同じような思いをもつ女性も少なくないというのはやはり、女性の肉食化が進んでいる証拠と言えるかもしれません。
一方、唇に触れられた男性もまんざらではない様子。これを利用して男性の気持ちを自分に惹き付けるという女性はかなりのやり手ですね。

股間

少数派な意見ですが、中には「股間」に最初に触れたいという女性もいました。

『気になる男性の股間に無性に触りたくなってしまう。さすがにシラフで触るのはドン引きされそうなので、飲み会などの席で酔った勢いで触ってしまう。お酒のノリって事でその場は盛り上がるけど、触られた本人はどうかな…やっぱりドン引きしたのか、その後よそよそしくなる人もいたし、逆に積極的に誘われた事もあった』

『私はSっ気があるのか、お気に入りの男の子の股間を不意打ちで触ってその反応を見るのが好きです。ビックリした顔をして“やめろよ”と怒ってくる子もいれば、恥ずかしそうにする子もいたりで楽しめます。個人的には恥ずかしそうな反応をする子の方が好きだけど、怒ってしまう子の方が実は意識してしまう子が多くて、その後告白されたりする事がよくあります』

股間に触れる、というのは男性に対して最大のアプローチになるのかもしれませんが、それは禁断のアプローチとも言えるようです。
やはり、性的に誘われていると感じる男性も多いようで、相手の女性が好みの許容範囲内であれば、誘ってみようかなという気持ちになるのかもしれません。
とはいえいきなり股間に触れるという行為に嫌悪感や戸惑いを感じる男性も少なくないため、男性に対してのアプローチとして行なうのは諸刃の剣となるでしょう。
また、同じような事を男性が女性に行なえば完全にセクハラ行為です。当然、女性から行なう場合も逆セクハラだと訴えられる可能性もあるため注意が必要です。

適度なスキンシップで意中の男性へアピールを!

女性が最初に触れたい男性の体の箇所について、意識調査の結果を紹介しました。

他にも耳や髪といった意見も多く、フェチ性も少なからず関連している印象を感じました。
いずれにしても、体に触れるという事は男性にとっても相手の女性に性的な意識を抱かせるきっかけとなります。
過度なスキンシップは勘違いをさせてしまう原因にもなるので、好きな男性に対してのアピールに留めておくのがよさそうですね。