すっぴんは『あり』『なし』?男性に聞いた、化粧をする女性とは?

すっぴんはあり?なし?

草食系男子が増える中、男性の中での意見でも「すっぴんと化粧の顔が違いいすぎて、詐欺レベルだ!」「残念な顔見せられるぐらいなら、寧ろしないほうが良い!」という意見もある中しなかったらしないで「街中歩くな!」とか「ブサいく!!」と言われる始末・・・

さてそう考えると、世間ですっぴんは『あり派』なのか『なし派』なのか・・・
結論から言うと男性は常にすっぴんの女性に対して「なし」が56%、「あり」が44%。女性は男性よりも若干「なし」が多く58%、「あり」が42%という結果でした。
数字では、少数で『あり派』が多かったですが、今回は両方の意見をまとめて、結局どっちなのかまとめました。

『あり派』の考え方!

●化粧はしてなくても、肌がきれいならいいと思う:男性

●清潔感があればいい:男性

●若いうちは化粧しない方が自然でいいと思う:男性

●騙されるぐらいなら、先にもう現実見せて欲しい:男性

『あり派』の意見は「見た目が多少キレイなら」という前提の話でしたね。
「肌がキレイなら」「もともと整っているなら」
正直、男の我侭だと思ってしまいますが・・・すっぴんのままで良いと思う男性は「元々が良ければ」「ある程度見れる顔なのか」が大前提な気がします・・・

『なし派』の考え方!

●なんかおしゃれな感じがしない:男性

●メイクは男性のネクタイのようなもの。会社など公の場ではマナーとしてするべき:男性

●人に会うとき、顔は自分で見るものでなく人が見るもの。そういう意識で最低限でも化粧はして欲しい:男性

確かに、男が会社でネクタイをしめるのと同時に、女性の化粧も一種のマナーな気がします。
それに、女性の化粧というものは一種の下着や服のようなもの・・・

自分のコンプレックスを隠し、どれだけ愛されるか
ある意味自分自身を守る為の砦のようなものに思えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です