専業主婦になりたい独身女性が急増中!あなたは働く?働かない?

20代~30代にの約半数は専業主婦希望

昨今、女性の社会進出が叫ばれ日本の経済成長のためには女性の雇用の拡大が必要と言われています。
しかし、「夢は専業主婦」という20代~30代の女性が増えています。では専業主婦になるためにはどうすればよいのでしょう。

[adTagSP sp_320x100]
[adTagPC pc_side_300x267]

なぜ、専業主婦になりたいのか

専業主婦になりたい一番の理由としては働きたくないから。もちろんただダラダラ怠けて生活したい女性が覆いからではありません。仕事をするとどうしても毎日の使える時間が限られてしまい、家事にも追われ時間的に余裕がない家庭になってしまうからです。また子供ができた時、待機児童が多い保育園に入れられるかわからない状態で子育てと仕事の両立ができるかという不安も多かったりします。

専業主婦になるには

専業主婦になるためには結局、結婚する男性次第で専業主婦になれるかなれないかが決まります。まずは、専業主婦でもいいという男性を見つけなければいけません。高収入で働かなくても生活に困らない男性でも、今は家庭に入るだけの女より頭の良い妻がほしいと考える人が増えているのでできるだけ働いていてほしいようです。
次に重要なのはもちろん収入。男性の収入だけでは生活がやっていけないようでは元も子もありません。ただし高望みしすぎて婚期が遅れることもあるので要注意。

専業主婦になるためには夫の年収はいくら必要?

上記であげたように経済的な余裕がないと専業主婦にはなれません。では、実際に夫の年収はいくらあればよいのでしょうか。
専業主婦になりたいと思っている未婚女性のアンケート結果によると半分以上が500万円以上の年収を望んでいることがわかりました。家庭の状況によりかかる生活費は変わってきますが大体子供がいない家庭で計算すると
・家賃や住宅ローン 8万円
・食費 3万円
・光熱費 15000円
・携帯代 2万円(2人分)
・交通費など 1万円
・交際費 5000円
・生命保険 2万円
・雑費 2万円
・夫のお小遣い 2万円
こんな感じで計算すると手取り20万ちょっとで十分生活できます。手取りで20万だと給料総額は25万ほどで1年間だと300万。車や税金関連など考えても350万の年収があれば生活はできなくありません。もちろん子供ができればもっとお金はかかってきます。そう考えると希望年収の500万円くらいあれば生活はできるでしょう。しかし20代30代の平均年収は350万円~400万円ほどなのでそういった男性と結婚するともっと節約するか、やはり働くしかないのが現状のようです。

年収が高い男性を見つけるなら努力が必要

どれだけ高収入な男性を望んでもまずは自分が努力しないことにははじまりません。本当に専業主婦を目指すなら、しっかりと行動していきましょう。
・若いうちから婚活をはじめる
男性は自分の年齢を棚に上げ40代でも20代女性がいいという人が多いのが現状です。30歳前くらいから婚活するかなんてのんきな事を言ってると手遅れになります。
・家事が得意な女性になる
専業主婦を希望するなら家事は当然できないといけません。家事や料理もできないのに専業主婦になるのを理解してくれる男性は少ないでしょう。男性に家庭的な印象を与えることが大切です。
・外見はやっぱり大事
どんなに内面が良くてもまずとっかかりは外見重視な男性がほとんどでしょう。派手すぎず地味すぎず清潔感のある女性になれるように自分磨きをしっかりしましょう。

専業主婦になるデメリットを知っておく

専業主婦になるにはデメリットも知っておかないと大変なことになります。デメリットを知った上で専業主婦になるかどうかをしっかり考えましょう。
じゃあデメリットは何か?それはやはり経済的な問題で、いくら高収入の男性と結婚しても男性が事故にあったり病気になって仕事を続けられなくなったら…万が一の時、専業主婦だったら一切の収入が絶たれてしまいます。また専業主婦になるとすぐに就職先を探すのもなかなか難しいのでそのあたりもしっかりと考えておかないといざという時大変になりますよ。

働きやすい環境もできつつはあるので

専業主婦になるには男性の理解が結局は一番重要です。たとえ年収が希望通りでなくてもなっていいよと言ってくれれば専業主婦にはなれます。また、女性が働きやす環境にこれからも社会が変わっていけば負担が軽減され、仕事と家庭の両立もしやすくなるでしょう。あまり専業主婦にこだわりすぎて婚期だけは逃さないように気をつけてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です