めんどくさーい!「悲劇のヒロイン」気取りの女!

ん…?それ、自己責任じゃ…

「男に捨てられた」「浮気された」「襲われた」…
最初は「え?!」と耳を疑うほど驚いて心配するけど
よくよく聞いてみると「それは自業自得!!」「なんで被害者面してるの?!」
という、自分のことを「悲劇のヒロイン」だと思っている女っていますよね。
…ひょっとして、アナタも?!めんどくさい「悲劇のヒロイン」認定されているかも?!
早速チェックしていきましょう。

努力をするセンスがない

「悲劇のヒロイン」とは、要するに「報われない」ということ。
「どうして私ばかりがこんな思いをしないといけないんだ…」と嘆いている人のこと。

でも、悲劇のヒロインが報われないのには理由があるのです。
『因果応報』という言葉が悲劇のヒロインに一番似合う言葉です。
仕方がないこと、道理に適っていることなのに
自分への不遇を美談とし、周囲の気を惹くことでしか自分を確立することができないのです。

まず努力をしない。努力している人、頑張る人は頭ごなしに「意識高い系」に一括りにし、
そういう人こそモテない・嫌われる・面倒だと考えています。

[adTagSP sp_320x100]
[adTagPC pc_side_300x250]

「悲劇のヒロイン」のトリセツ

「いるいる~!そういう友達!!」という人は、悲劇のヒロインタイプの友達に
今までかなり振り回されて悩み、疲れていませんか?
言うまでも無く、「放っておく」、「素直に注意する」、「縁を切る」のが一番なんですが
それができたら苦労しないですよね。

とりあえず同情・哀れみを買いたいだけなので、
適当に驚いたリアクションをとっておいたら大丈夫です。
「私、そういうことにならないから想像できないや」って突き放す。
「なんでそうなるのー?」と質問攻めしてみる。

「アナタに私の気持ちなんてわからないわよ!」
「あのとき私と同じ立場になったらわかるわよ!」と暴走モードに突入しようとしたら
アナタみたいになりたくないから参考にするね。貴重な意見ありがとう、くらいに流しましょう。

とにかく構って欲しくて、不幸自慢を話したくて仕方がないので
「話してくれてありがとう」とイヤミなんだけど、イヤミに聞こえないようなニュアンスで返して
泳がせておけば大丈夫です。

アナタまで悲劇に巻き込まれないように、距離感は大事にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です