【映画レビュー】キューティ・ブロンド

タイトル

キューティ・ブロンド

公開日

2002年4月27日

作者/監督

ロバート・ルケティック

主演

エル・ウッズ:リース・ウィザースプーン
ワーナー・ハンティントン:マシュー・デイビス
キャラハン教授:ヴィクター・ガーバー
ヴィヴィアン・ケンジントン:セルマ・ブレア

あらすじ

主人公:エル・ウッズは、ファションが大好き。オシャレでポジティブな女性。
大学ではファッション・マーチャンダイジングを学び、成績優秀。
そんなエルの彼氏:ワーナーは上院議員を目指している。
ワーナーからのプロポーズを待ち望んでいたのに、
「マリリン・モンローみたいな君は議員の妻にふさわしくない」と言われてフられてしまう・・・
エルはそれを機に、ワーナーと同じハーバード大学のロー・スクールに入学する!

感想

失恋の悔しさ、悲しさを吹き飛ばしてくれるような、見ていて気持ち良いサクセス・ストーリーです。
主人公:エルのポジティブさに、元気をもらえること間違いナシ!
「愛」がもつ原動力の威力に驚かされますよ。
そしてエルの可愛さに魅了されます・・・!♪

出典:http://eiganokotoba.jp/M202

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です