【映画レビュー】塔の上のラプンツェル

タイトル

塔の上のラプンツェル

公開日

2011年3月12日

作者/監督

バイロン・ハワード、 ネイサン・グレノ

登場キャラクター

ラプンツェル:マンディ・ムーア:中川翔子
フリン・ライダー:ザッカリー・リーヴァイ:畠中洋
マザー・ゴーテル:ドナ・マーフィ:剣幸

あらすじ

ある王国にそびえる高い塔に、ラプンツェルという少女が暮らしていました。
ラプンツェルは育ての親であるゴーテルから18年間ずっと、塔の外へ出ることを禁じられていて外の世界を知りません。
でも自分の誕生日の夜になると、遠い空にいつも無数の灯りが現れるのをフシギに思っていました。
そんなある日、大泥棒フリンが徴兵から逃れるために、塔によじ登って侵入したところを
ラプンツェルによって捕まえられます。二人が出会うことで、ラプンツェルが外の世界を知り、
自分に隠された秘密を知ることになり・・・

感想

ディズニー長編映画50作品目を記念する映画『塔の上のラプンツェル』。
アニメ映画ならではの、心温まる恋愛映画に仕上がっています。
ディズニーの映像って、綺麗にまとめて美しい世界観で描かれていますが
そこに「世の中の本質」を上手く落とし込んでいるところが魅力的だと思います。
アニメだからって、あなどれないですよ。要チェックです。

出典:http://www.amazon.co.jp/ref=nav_logo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です