【映画レビュー】箱入り息子の恋

タイトル

箱入り息子の恋

公開日

2013年6月8日

作者/監督

市井昌秀

出演

天雫健太郎:星野源
今井奈穂子:夏帆
天雫寿男:平泉成
天雫フミ:森山良子
今井晃:大杉漣
今井玲子:黒木瞳

あらすじ

主人公:天雫健太郎は35歳の市役所勤務。記録係で、13年の勤務で異動・昇進なし。
彼女いない歴=年齢で、自他共に認める根暗でパッとしない男。今でいう「コミュ障」という性格。
そんな息子を見かねた両親が、本人同士で行うのではなく親同士が行う「代理見合い」に出席する。
それを機に知り合ったヒロイン:今井奈穂子に、生まれて初めて恋に落ちるが、
実は奈穂子は目が不自由という障がいを抱えており、二人の恋の行く手を阻む、様々な試練が降りかかる…

感想

こんなにも胸の奥が、心が苦しくなる恋愛映画があるでしょうか。
豪華なキャストたちが繰り広げる演技にも圧巻です。
ウブで不器用な主人公の、初めての恋。
涙なしでは見られない映画。そしてこの映画を見たら、あなたもきっと牛丼が食べたくなるはず!(笑)

出典:http://blog.goo.ne.jp/taku6100/e/5d9bed8ca69153ea423b2f6265152501

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です