年の差結婚は離婚率を大幅アップさせる!?「1歳違うだけで3%も上がる」

年の差婚はあり?

離婚率があがっている日本ですが、少し前から年の差婚なんていうのも沢山ありますよね。
それは、彼氏が年上の場合もあるし、逆に年下な場合もあるし・・・それは人それぞれ、年齢の差もそれぞれです。

さて、今回は離婚と年の差は関係あるのか、「1歳違うだけで3%も上がる」その理由をまとめてみました。

年の差婚は離婚しやすい!?

年の差と検索をかけると、同時に検索に上がってくる”離婚”と言う文字・・・
そして、年の差婚について情報をまとめている人もちらほらいることに気がつきました。

でも、そうした記事それぞれ同じことが書かれているのが『同い年のカップルが一番離婚しにくいというデータ』という事。
1歳差で3%、10歳差で39%、20歳差ではなんと95%も離婚率があがると、どの記事にも書かれていました。
よく「恋愛に年の差なんて関係ない!」と言いますが・・・確かに「恋愛に年の差なんて関係ない!」には同意できるのですが、正直に思うのが『恋愛』と『結婚』では話が別だと言うこと。
恋愛が気持ちで行う行為なら、結婚は一生のパートナを選ぶことなので、若いだけで結婚をしてしまうと、それこそ後々になってずれが生じ、今後の結婚生活がギクシャクしてしまうことも・・・

結婚に必要なのは『思いやり』

年の差があろうとなかろうとうまくいっている夫婦なんか世の中にはたくさんいるのも確かです。
ではなぜ年の差が開くほど離婚率が上がるのかと言えば、これは結局、価値観の違いが影響していると思います。
自分より年上であればこうあるべき、自分より年下であればこうあるべきという余計な概念や期待があるから、結婚したあと「こんなはずではなかった・・・」と後悔で頭を悩めることになってしまうのです。

年の差云々より、夫婦にとって大事なものは相手を思いやれるか、尊重できるか、尊敬できる部分をもてるかどうかが大切だと思います。
「今の彼女は、自分より一回り年下だから勝ち組」という考えではなく、結婚に迷っている方も、離婚に迷っている方も、年の差に惑わされずに、相手を客観的に見ていくことが、相手に惑わされず真剣に相手と向き合える方法なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です