重すぎる女はNG!束縛する女性の心理とは

束縛する女性の心理って

相手を束縛する恋愛って束縛される側が息苦しく感じるので長続きしませんよね。
それでも束縛する側と言うのは、以外に自分の束縛具合に気が付かない場合も多く「当たり前だよね」「心配なだけだよ」とただ純粋な気持ちが鎖になっている場合もあるようです。
今回は、束縛し過ぎる女性の特徴と心理をまとめてみました!
心当たりのある女性は要注意ですよ!

愛されている自信がない

束縛しすぎる女性の特徴で、一番に挙げられるのが「彼に愛されていない」という自信がない女性。
彼に愛される自信がないゆえに、飲み会や彼のメールでの動向が常に気になり、連絡を取っていないと不安になってしまいます。

彼を信じきれていない

愛されている自信がないゆえに、どうしても彼のことを心から信じきれません…
あと、このパターンに多く見られるのが、元カレの過去の浮気や恋愛で失敗を起こしてるという理由も挙げられます。
彼を信じきれない女性は、一度その理由をはっきり向き合う必要性があります。

彼がいないと寂しい

彼がいなくて寂しいという理由で、メールや電話でつながりを確かめようとするのがこのタイプ・・・・

このタイプの彼女は、束縛というより『依存』に近い状態で、彼なしでは自立するのも難しいのでは無いのでしょうか?
こういうタイプは、彼と一緒にいない時間も精一杯楽しむという精神が大切です!
そうすることで、彼も自立した女性だと認識を改め、また一歩
恋として近づくことができるのではないのでしょうか。

束縛しすぎると振られるリスクが大!?

彼のことが好きで好きでしょうがない気持ちもわかりますが、一度冷静になって自分を見直してみてください!!
きっと、束縛のし過ぎるあまり、最悪彼に振られてしまうことも!?
本当に彼のことを好きで愛しているのならば、彼を信じ、お互いに自立・尊重しあうのが本当の愛の形だと思います。
形はどうであれ、2人の関係が、よりよく続くことを目指して日々を過ごしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です