【映画レビュー】エターナル・サンシャイン

タイトル

エターナル・サンシャイン

公開日

2005年3月19日

作者/監督

ミシェル・ゴンドリー

主演

ジョエル・バリッシュ:ジム・キャリー
クレメンタイン・クルシェンスキー:ケイト・ウィンスレット
パトリック:イライジャ・ウッド
メアリー:キルスティン・ダンスト
スタン:マーク・ラファロ
ハワード・ミュージワック博士:トム・ウィルキンソン
ロブ:デヴィッド・クロス

あらすじ

ある日のバレンタイン。主人公ジョエルは恋人クレメンタイン(クレム)と喧嘩をしてしまいます。
仲直りするために、後日再びクレムの元を訪れますが、何だかいつもと様子が違う…
なんとクレムは失恋の辛さを乗り切るために、自らジョエルとの記憶を消す手術を受けていたのでした。
ジョエルはそれを知ってショックを受け、ジョエルもクレムとの記憶を消すことを決意。
手術当日。クレムとの思い出が走馬灯のように蘇り、それはかけがえのない大切な思い出だと気付き
手術から必死に逃れようと抵抗するのですが…

感想

『エターナル・サンシャイン』は、どこかおかしく、そして切ないラブストーリー。
誰しも経験したことがあるでしょう「失恋の辛さ」。
ぽっかりと心に穴があいてしまいますよね。
「あの人のことなんて、忘れてしまいたい!」と思うこともあるでしょう。
その記憶が本当に消せるとしたら…?アナタなら、どうしますか??

出典:http://www.amazon.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です