不倫以上に楽しい恋愛はナイ

不倫でもいいから、常に恋をしろ!

なんだか見出しだけを見ると、ただならぬ「必死さ」が伝わるかもしれません。
ですが「恋愛」は「女であるため」「女を磨くため」には欠かせない要素です。
常に妄想でも不倫でも良いので恋をし続けることが大事です。
今回は賛否両論の不倫に着目してみましょう。

不倫の実際のところ

意外にも不倫経験のある女性は多いです。
そしてそこから不倫にハマってしまう女性も多いです。
不倫願望の強い既婚者男性も多いので、需要と供給のバランスがとれているのです。
不倫は恋愛・女磨きにおいて最高のスパイスとなるでしょう。
ですが、上手くやらないと慰謝料請求、周りの友人からの信頼も失ってお先真っ暗に…
悲しいことに、この「イケナイ関係」というスリルがドーパミンを刺激してしまい、中毒症状が生まれるのかもしれません。

後悔しない不倫をすること

幸せの形は人それぞれです。不倫を通じて、人間として・女として成長できたらこっちのものです。
裏を返せば、人間として・女として成長できない不倫相手は絶対に選ばないこと。
不倫するだけムダです。不倫相手は恋人よりも、慎重に真剣に選ぶ必要があります。
ただのセフレ、都合の良い女にならないように。しっかりと自分も幸せな思いをする必要があります。
不倫相手に目に見えない愛の形だけを追い求めているのは損です。
不倫相手には思いっきり贅沢・ワガママを言っていいのです。
何故ならアナタは社会的に不利な立場にいるからです。

恋を楽しみたいなら不倫

先ほど述べたように、不倫相手にはセックスを楽しませる分
自分も思いっきり、ストレスなく恋愛を伸び伸びと楽しめるから面白いのでしょう。
お互いが変なしがらみなく「割り切った恋愛」ができるのです。
結婚は家同士の付き合いです。お互いの恋愛感情だけではどうすることもできません。
でも人間の本来の欲望は遊んでいたいのです。楽しみたいのです。
その欲を満たすことが、充実した人生に結びつくのなら不倫はオススメです。

不倫をする上での心得

不倫をしている・する、なら徹底して行うこと。
普通の恋愛よりもはるかに、不倫は最高に楽しく、面白いものなので頭の中がお花畑になりやすいです。
浮かれているときこそ、油断禁物。しっかり脇をしめましょう。
そしてどれだけ信用している友人にも、誰にも不倫していることを明かさないこと。
人間の正義感は誰しもズレています。どこで裏切られるかわかりません。
信用できるのは自分だけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です