【映画レビュー】メリーに首ったけ

タイトル

メリーに首ったけ

公開日

1998年7月15日

作者/監督

ファレリー兄弟

主演

メリー:キャメロン・ディアス
ヒーリー:マット・ディロン
テッド:ベン・スティラー
タッカー:リー・エバンス
ドム:クリス・エリオット
マグダ:リン・シェイ
サリージェフリー・タンボール

あらすじ

地味でパッとしない内気なテッドは、絶世の美女メリーに高校生のときから13年間想いを寄せています。(…長すぎ!未練がましいにも程がある…)
ついに探偵を使って、今メリーがどこで何をしているのか調べてメリーに接近するテッドですが
その探偵もテッドの親友も、みんながメリーに惚れこんでしまい、メリーを巡っての大騒動が始まります。
果たして、テッドの恋の行方はいかに…?!

感想

メリーに一途なテッドの面白おかしい恋物語。
そしてメリー役のキャメロン・ディアスの美しさを世界に発信した作品になっていて
アナタも「メリーに首ったけ」になること間違いナシ!
笑える楽しい内容なのですが、その中にも恋愛について学べる名セリフがたくさん登場します。
アナタもテッドのような、ステキな楽しい恋をしましょう♪

出典:http://movies.foxjapan.com/mary/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です