以外に簡単!?相手にバレずに調べたい!自分の好感度を知る方法

はじめに

恋愛ハウツーサイトなどまわっていると、良く目にする『パーソナルスペース』
そもそも、パーソナルスペースとは他人に近付かれると不快に感じる空間のことで、パーソナルエリアとも呼ばれます。
一般に女性よりも男性の方がこの空間は広いとされているが、社会文化や民族、個人の性格やその相手によっても差があると言われ、簡単に言うと、自分の「縄張り」のようなものです。

日常生活をする中で好きな人が触れるほど近くに来ると嬉しいし、知らない人に近づかれると距離を取ろうとするということは経験で理解できるかと思います。
これは好感度が高い相手ほど狭く、好感度が低い人ほど広いと言われています。

さて!そんな『パーソナルスペース』ですが、その考えを応用した好感度の測り方があるんです!

やり方も簡単なので、良ければ試してみてはいかがでしょうか?

簡単に実践できる『パーソナルスペース』を応用した好感度の測り方

先ほど簡単に『パーソナルスペース』について説明してきましたが、このパーソナルスペースは言い換えれば「心の距離」とも考えられます。つまり、人は無意識に不快に感じない距離を取ろうとしてしまうのです。

その心の距離ですが、最も分かりやすい測り方は、相手に近づいてどれほどの距離を取られるかというものです。
しかし、この『パーソナルスペース』なんですが、人によっては範囲がバラバラということもあり、きっかけも掴みづらい・・・
そして、本当にその人の『パーソナルスペース』に入って測ることで好感度を下げてしまう恐れがあります。

なので今回、もっともやりやすく分かりやすい方法を紹介します。
測り方は本当に簡単です、飲み会やご飯を食べる席で相手のグラスのすぐ近くに自分のグラスを置いてみるというだけです。

相手のグラスに近づけてみて、相手がグラスをどうするかを見てみましょう。大きく離して置き直せば好感度は低い、そのままの距離を保ったり更に近づけたりしたら好感度は高いと判断できます。

恋愛においてキスが重要な役割を果たすように、人間にとって口は自分の愛情や好感度を表しやすいのです。その口をつけたグラスは、自分の口の延長とも考えられるのです。

相手と自分の心の距離が分かったなら

相手との距離も分かったところで、距離が分かったらそれを縮めたいと思うのが心理というものです!
それではこの「パーソナルスペース」を使って好感度を上げるにはどうしたらよいのでしょうか。

パーソナルスペースは、無理やり入られると人は不快感を覚えますが、自然に入ってくると好意を持っていると感じるようになります。そのため、自然に相手のパーソナルスペースに入ることが重要です。

いきなり入ろうと思わなくて大丈夫です、こういう心の距離と言うものは、時間・タイミングで埋まっていくものです。

今回は、パーソナルスペースを利用した好感度を測る方法を紹介しましたが、パーソナルスペースを意識できるようになれば、「脈アリ」かどうかもわかりやすくなります。簡単でわかりやすい方法なのでぜひ実践してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です