「男尊女卑」はアナタが生み出してない??

結婚した先に、どうありたいですか?

アナタは何故、結婚がしたいですか?
イマドキ「主婦になりたいから=働きたくないから」という考えは古いです。
「女性は男性に養ってもらう立場」という考えは払拭しましょう。
男女共同参画社会になってきているというのに、
女性のそのような甘い考え方が「男尊女卑」を生み出しているのですよ!

結婚相手を高望みしていませんか?

女性が結婚相手に求める平均年収は、驚きの「640万円」!
その望みに反して、実際にこの年収を稼いでいる25歳~34歳の男性は25人に1人しかいないのです。
アナタにはその1人を勝ち取るほどの魅力がありますか??
そして意外なことに、「ゆとり世代」と言われている20代前半が
結婚相手に求める年収は「400万円以上」と、低めの結果に。
500万円以上を求めているのは30%未満でした。
お金ばかりにこだわっていると、イイ男はどんどん若い女になびいていきますよ!

男性も積極的に家事をするように

家事も分担になってきている今日。
子供ができたら尚更、協力してもらいたいですよね。
そんな中で、アナタの役目はなんですか??
忘れてはいけないのが、結婚して子供が出来たからとはいえ
アナタは「主婦」であり、「母」であり、「女」である、ということ。
「主婦」=家事、「母」=子育て、「女」=仕事です。
性別が違うだけで、男女全く同じ「人間」なのです。立派な人間になりましょう。

貯金を聞く女なんて前代未聞!

男性に貯金の金額を聞くような女性は、結婚できないどころか「人として」疑われます。
男性はアナタのために今まで貯金してきたわけではないですよね。自分のためにするのです。
アナタは男性から貯金額を聞かれて嬉しいですか?
貯金額を答えた矢先に、バカにされる・結婚相手の候補から外されたらどう思いますか?
そもそも「お金」にしか魅力のない男性には「価値」がありません。
お金を取ったら何も残らない男性と、この先の人生を一生供にしたいと思いますか?
結婚相手を選ぶときは「この人となら幸せになれる」という感情で選ぶのではなく、
「この人となら一緒に不幸になっても構わない」という人を選ぶのです。
その思いを測るのに、お金は必要ありませんよね。

男性はATMではありません

仕事の出来る女は、収入がありお金に余裕があります。
お金に余裕があると心にも余裕があります。その魅力に男性は惹かれます。
逆に仕事も出来なくて、稼ぎもなくて、仕事がしんどいから働きたくない、主婦になりたい
なんて思っているような女に誰が目を向けますか?
「仕事」という自分に与えられた目標すら達成することができない、
目標を超えることもできないような人間には「それなりの幸せ」しか手に入りません。
「自分磨き」「女子力アップ」なんてことを気にしている場合じゃないですよ。
アナタが今まで積み上げてきたものはどれ程ありますか?
「男女平等」を都合よく嘆いていませんか?まずは自分が変わることから始めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です