美人は得!?損?!…実際のところは?

やっぱり美人は得?

美人とブスは生涯収入が1億円違うと言われています。
1億円というと、大げさのように聞こえるかもしれませんが
あながち本当のことで、1億円以上もありえるという声もあるほど。
就職活動においても「顔採用」をする企業も存在します。
とある有名企業の受付嬢は必ずモデル事務所に所属している人しか採らないんだとか。
人間第一印象が大事、と言いますから、そこで「美人だ」と思わせることができると
「好印象」に繋がるのでしょう。

美人の損得

美人には男性が優しい、ちやほやされている、ミスをしても許される、
様々なサービスをしてもらえる、玉の輿・イケメン男性と付き合えるなど
「やっぱり美人は得!」と思う人が殆ど。
その分、変な男にも付きまとわれる、中身を正当に評価してもらえない、嫉まれる、など
「ただ存在しているだけで」被害を受けるという悲しい事実も。

美人が性格まで良く、愛される理由

性格は顔に出ますから、美人が美しさで優遇されていくと、更に幸せな道を進んでいきます。
それ故に、心が荒むことなくいつも笑顔でキラキラしたオーラを振りまき、愛嬌を感じられるのでしょう。
「ブスだから」という理由でまともに評価されなかったり
あからさまに態度を変えられると、やはり悲しいし落ち込むし、悔しいし腹立たしいですよね。
この感情を抱くことさえ「性格が悪い。だからブスなんだ」と言われる始末で負の連鎖が止まりません。
男は美人に弱いのに、そのために美容整形という手段を選択したら、
次は「整形は作り物、偽者、嘘の塊」「化け物」などの評価を受ける…
都合の良さに呆れてしまいますよね。
「やっぱり中身!」と言っても、美人に口説かれて振り向かない男性はいるのでしょうか。

容姿で悩む女性は読んでほしい1冊

cf2cc586
出典:http://livedoor.blogimg.jp/irakkuma-diary/imgs/c/f/cf2cc586.jpg

monster64_large
出典:http://image.eiga.k-img.com/images/buzz/36378/monster64_large.jpg

美容整形で幸せを手に入れようとする女性の一生を描いた、百田尚樹著書『モンスター』。
そこには、必ずしも美人が幸せになれるとは限らない、という
「都合の良い現実のありさま」が綴られています。
ブスだったヒロインが美容整形で絶世の美を手に入れ、整形前とは明らかに違う好待遇を受けます。
ありえないほどお金を稼ぎ、それこそ生涯収入1億円以上です。
ヒロインが微笑むだけで男はホイホイと寄って来るのです。
ですが、近づいてくる男性は皆、ヒロインのことを「ステータス」「トロフィー、勲章」のようにしか扱いません。
要はカラダ目的。男性の身勝手な欲を満たすためだけで、誰もヒロインの幸せなど考えていないのです。

結論

幸せのあり方をどこに持っていくかで、損得は決まるでしょう。
ですが「美人」だからといって、何もかもが上手くいく・悩みなんてないわけではなく
美人故の悩みやトラブルはつきないのです。
先に述べた『モンスター』でも、ヒロインに惚れた男性達は「遊び相手」としか見ず
結局は「家庭的な」特別美人でもない「普通の女」を大事にします。
美を手に入れても誰からも心から愛してもらえないのは、悲しいですよね。
男が美人を求めるのは「男の性」・「本能」故で仕方のないことかもしれません。
ですが、結果的に愛されるのは「美人風」な女です。
めげずに心から笑顔、愛嬌を振りまいて恋も仕事も頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です