周りと差がつく恋愛テクは「ホステス」から学べ!

「ホステス」からテクニックを盗め!

「気になるアノ人を振り向かせたい!」「恋愛テクニックを習得したい!」
そう思っている方は多くいると思います。
どうせやるならすぐに効果がある、実践向けのテクが欲しいですよね。
そんな欲張りなアナタは、「ホステス」から学んでいきましょう!

細やかな気配りができること

ホステスの一番の仕事は「話をしっかりと聞いてあげる」ということです。
そして、その話に対してあまり否定的な意見をしないこと。
明らかに間違えている場合は指摘していいかもしれませんが、
男は見栄っ張りなので本心でそれを語っているかどうかはわからないものです。
7割くらい話を盛っていることもよくあります。

覚えていてあげること

ホステスの記憶力とはすごいものです。
でもそれは、些細なことでいいんです。
彼が好きなもの、彼の家族のこと、彼の今までの思い出話など。
「そういえば、この間言ってたアレ、すごく良かったよ」なんて
褒め言葉も添えてあげると悪い気はしないでしょう。
とはいえ、知り尽くしすぎるのはストーカーのようにしか思えないので
「覚えているんだよ」というアピールはさりげなく。

ドキドキさせられる存在であること

さりげなく、服についたホコリをはらってあげたり。
乱れた襟元・ネクタイを直してあげられると良いですが、
このワザはいかにもホステスっぽい!と思われることもあるので
彼との距離が縮まってからにしましょう。
飲み会のときも隣にいるようにしたり、酔っ払ったフリをして
少しだけくっついてみたり。
それこそ、膝同士が触れるだけ、腕が少し触れ合うくらいなど。
あまりにもべったりしすぎるのは、これまたホステスっぽいです。

教えてもらうこと

男はカッコつけです。女の前では良いカッコをしたいものです。
それなのに「あ、知ってる。それって**でしょ?**って~…」と
彼よりも豊満な知識を披露されてしまうと、男はゲンナリしてしまいます。
「ごめんなさい。わからないから、教えてほしいな」という言葉の
「教えてほしい」と「お願い」されていることが、男心をくすぐるのです。
教えてもらったら、「すごい!ありがとう!」ととびきりの笑顔で褒めて
お礼を言うことも好感度アップに繋がります!

何故「ホステス」から学ぶのか

「ホステス」は男の扱いのプロ、と言っても過言ではないでしょう。
何故ならお金を払ってまで、お目当てのホステスに会いに行くのですから。
中にはお酒が好き、得意じゃない男性も、好みの女のためなら
時間とお金を惜しまないこともよくあります。
「ホステス」と言うと偏見を持つ人もいるかもしれませんが、
いつの時代もピンからキリまで様々な価格帯・女性のお店が耐えないのは
それだけ需要があるから、ということです。
男は寂しがり屋の生き物です。その心の隙間に上手く入り込みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です