男性人気高めの「天然女子」アリとナシの境界線とは?

はじめに

基本的に、男性は少し天然な女性を好む傾向にありますよね。戦略として、彼の前では少し抜けた雰囲気を演出するのも効果的かもしれません。
しかしそれも、やりすぎるとただのウザイぶりっこに・・・
では、アリな天然女子とナシな天然女子。その境界線は何でしょうか?

何も知らないアピールは逆効果

「え~わかんな~い」ばかり言っていると、「また、いちいち説明しなければならないのか…」と男性側もうんざり。しかもこれ、天然というよりも知識が乏しい印象を男性に与えてしまいます。専門的なことなら分からないのもしょうがないですが、世間一般的に分かって当たり前のことを「知らない」と言うのは考えもの。
ちょっとおバカ=天然だと勘違いしてムリにおバカぶるのは逆効果。

グッとくるのは「実は天然」と「癒し系天然」

「テキパキとしっかりしていそうに見えて実は天然」や、「ニコニコと柔らかい雰囲気を持っていて少しおっちょこちょいな癒し系天然」が人気なよう。ギャップと癒し系は永遠のモテ要素。それに天然がプラスされることでモテ度UP!ということですね。

天然はバレると好感度激減

養殖がわんさかいる中、「この子は本物の天然だ!可愛い!」と思っていた子も実は養殖だった…となると、男性の中で「だまされた」という気持ちがふつふつと湧き上がってくるはず。
ムリに天然アピールするのではなく、飾りすぎずに隙を見せるだけでも大きな効果があるのではないでしょうか?

養殖女子に異常に敏感な男性もいます。ムリに自分を創らないほうが無難かもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です