恐怖!まさに心の呪い!「女性の嫉妬心」について

女性って嫉妬深くて賢い生き物だと思いませんか?

「嫉妬こそが最大の愛情」とも言われているので「ヤキモチ」程度なら可愛いですが、「呪い」のような女の嫉妬以上に怖くて面倒なものはないのでは…
そこで一度、男性も女性自身も、「女性の嫉妬」について客観的にとらえて理解してみましょう!

そもそも「嫉妬」とは?

ある人と自分を比べて「自分が負けている」ということを自覚したときに起こる負の感情のこと。
人間は皆、自分自身を過大評価していますので思っていた評価を得られないというのはよくあることで仕方ないのです。
非常に理不尽で一方的な感情ですが、嫉妬心を抱いている女性は
「羨ましい」、「ズルイ」、「負けたくない」で頭の中はいっぱいです。
残念ながらなかなか冷静さを取り戻すことができません。

醜い?女の世界の「ランキング」!

女性はその時々で居合わせるグループの中で順番をつけたがります。
「私はこのコよりはカワイイけど、あのコには負けてる」
「私はこの中で○番目にカワイイ。でも一番カワイイのはあのコだな」とか。
見た目だけでなく、仕事などのステータス全てにおいて冷静に自分の順位を判断しています。

…ちなみに、この複雑な女ゴコロを上手く使う男性の合コンテクニックがあります。
それは「二番目に良い女を口説く」ということ。
二番目の女は「私は二番目なのに、私の方に興味を示してくれている!
男性から見たら、私が一番だったんだ!」と勝ち誇ったように嬉しくなり、
その口説きをすんなりと受け入れてしまいます。
逆に一番目の女は「どうして私が一番なのに、二番目の女の方にいくのよ?!」と
自分のプライドが許せなくなり、「私の方がこのコより良い女なのよ!」と
積極的にアピールしてくるでしょう。まさに、「一度で二度美味しい」のです。

そんな「嫉妬」との上手な付き合い方

「自分は自分、人は人」というスタンスでいること。
嫉妬されて悩んでいる人も、強い嫉妬心が生まれてしまって自分でもどうすることができない人も。
嫉妬している人は「困っていて、不安でたまらない人」です。「勝ちたい=認められたい」のです。
そして「誰とも比べることができない、素敵な存在」ということに気付けていないのです。
嫉妬している女性には「あなたは、あなたであることが素敵なんだよ」ということを伝えられるようにしましょう!

…いかがでしたか?なんだか「嫉妬」の感情を抱くことってバカバカしく思えてきませんか?
嫉妬心はスポーツの世界や競争社会では効果的な成長方法なのですが、日常的につきまとわれると、やはりちょっと面倒ですよね。
男性は女性の嫉妬心を上手く利用するのもいいですが、そのときは嫉妬心を制御する力も兼ねそろえてもらいたいものです。
女性は自分の対抗意識がいきすぎたものではないか、ちょっと気にしながら過ごしてみてはいかがでしょうか?
大丈夫!あなたが生きている世界は素晴らしいです。自信を持ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です