アラフォー女性が結婚を望むなら気をつけるべきこと

衝撃的な事実を思い知らされる記事をご紹介。

▽「結婚できるアラフォー女性の特徴:マイナビウーマン」
http://news.mynavi.jp/articles/2015/03/07/forty/

以下、記事内抜粋。

2000年に行われた「国勢調査」によると、35~39歳の女性の未婚率は13.9%。その10年後、2010年に行われた同調査では、45~49歳の女性の未婚率は12.6%。つまり、この2回の調査が行われた10年間で結婚できたアラフォー女性の割合は1.3%しかなかったことになります。

す、少なっ!!!アラフォーの婚活事情はそんなにも厳しいのでしょうか…?
では、その中でも見事に結婚を遂げたアラフォー女性が気をつけていたのがこちら。

1)自己の価値を適正に判断できる

自分の現状を鑑みることをせず、理想ばかりを追い求めている女性。結婚相手を選別するためのフィルターがゆがんだ選別基準によって狭められている女性は結婚できません。恋愛や結婚は「経済」に例えられることが多くあります。自分自身に売価を付け、その価値と売価に納得した買い手が現れるの待つのと同じです。自身の価値を適正に判断できる女性には買い手が必ず現れます。逆に、自身を過大評価している女性は結婚できません。

2)結婚相手に課する条件を減らす。

2011年の「人口動態統計」によると、女性の平均初婚年齢は29.0歳とされています。平均初婚年齢(アラサー)の頃に結婚相手へ課していた条件を、アラフォーになってからも変えられないようでは結婚相手は見つかりません。「これだけは譲れない」という箇所を除いては、結婚相手に課する条件の緩和を行う必要があります。安易に、「妥協すべき」と言っているのではなく、課する条件を少なくできる女性は何歳であろうと結婚できます。

3)相手が初婚であるかにこだわらない

離婚経験がありながらも再婚を望む男性は、経済的に余裕があり、同じ轍を踏まないよう結婚生活や人生設計に対しても慎重で、配偶者との関係を良好に保ちたいと思っている傾向が多く見られます。近年の離婚率の上昇に伴って、「この人と結婚したい」と思った相手には離婚経験があるという状況も起こり得ます。しかし、相手となる男性が初婚であるか否かにこだわらないのであれば、幸せな結婚ができる可能性は格段に高くなります。

男性に夢見がちな理想ばかり抱いていてはいけないということですね。
また、これらのことは何歳の女性に対しても言えることでしょう。
自分の身の丈以上の男性を求めても中々つかまらないし、あれもこれもと男性に条件付けばかりしていては折角の素敵な出会いもないがしろにしてしまいます。

少し自分の意識を変えてみるだけで、グッと結婚に近づくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です