OLの皆様、あなたの肛門事情は大丈夫ですか?

はじめに

オフィスで長時間作業をする女性は多いはず。そんなときに辛いのが下半身ですよね。
腰は痛いわ、お尻もズキズキするわ、脚はむくむわで、帰る時間にはなんだか体が重い…なんてこともあるのでは?

そして、その中でも深刻なのがお尻。近年、いぼ痔で肛門科を受診するOLが増えたそうです。「へぇ~そうなんだ~」と他人事のように見ているあなた!
決して他人事じゃないですよ?あなたもOLならいつかはいぼ痔になる可能性が…というか既になっていたりして。

さてさて、恥ずかしがらずにあなたの肛門事情と向き合ってみてください!

1.いぼ痔の可能性がある症状

(内痔核)
basic01_im_01
出典:http://www.taisho.co.jp/preser/knowledge/basic/

・排便時に大量の血が出たことがある

・痛みはほとんどないが、たまに痒くなったりじゅくじゅく感がある

(外痔核)
basic01_im_02 (1)
出典:http://www.taisho.co.jp/preser/knowledge/basic/

・ある日突然、しこりのような塊ができる(血マメができた状態)

・出血は少ないが、激しく痛むことがある。

つづいて、痔の原因と、こうならないための対策。

2.原因と対策

既に痔の症状がでている方は症状をやわらげるために、症状がでていない方はこれからならないために、いぼ痔になる原因とその対策を知っておく必要があります。

▽まず、原因はこちら。
(内痔核)
・便秘やトイレ時間が長くて排便時のいきみが強い

・長時間同じ姿勢をとる。

・妊娠や出産

(外痔核)
・便秘や下痢

・アルコールや辛いもののとりすぎ

・長時間歩き回ることや座りっぱなしのことが多い

・冷え、ストレス

▽対策

内痔核も外痔核も、長時間座りっぱなしが大きな原因の1つです。といっても、OLなら基本的に長時間座って作業しますよね。
そんな時は、1~2時間に1回、1分間だけで良いので歩きましょう。これだけで、下半身に滞留していた血液を、心臓に押し戻す働きが期待できます。
そうすることで下半身、肛門付近のうっ血を防ぐげるので、時間を少し気にして意識的に歩くことをオススメします。

また、円座クッションも使うべき。キャラクターものも可愛いですが、できるだけちゃんと作られたものを買うのが◎

加えて、ストレスをちゃんと発散するのも大切。ストレスがたまり免疫力が低下すると、炎症がおこりやすくなります。
なので、休日は自分の好きなことを思い切りする、金曜日は甘いものをいつもよりたくさん食べても良いことにする、など気分転換をしっかり行ないましょう。

運動不足も痔に悪影響を及ぼすので、自分が楽しめる運動で気分転換ができると良いですね。

さいごに

デリケートな部分の問題なので中々誰にも相談できず、病院に行くのも億劫な女性が多いのではないでしょうか?
いつか治ると放っておいたら悪化する一方です。
症状のでている方は今すぐ病院へ。でていない方は痔にならないように対策をちゃんとしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です